2006年 11月 16日 ( 1 )

 

Domaine du Pere Guillot BEAUJOLAIS NOUVEAU 2006 ★★★

というわけで解禁です。

ヌーボー。

ボジョレー、ボージョレなど日本での名前を統一してほしいものです。


今日は予約していたワインを
ヤマザキに取りに行きました。

購入したのは、

ペールギヨ・ボジョレー・ヌーヴォー2006
a0087921_21353553.jpg

お気に入り度:★★★(祭りの意味も含め)
産地:ボージョレ
品種:ガメイ



このワインのヤマザキの紹介文を下記。

上質な酸、複雑な果実味とミネラル感、さすが103年の古木。
収穫も一番遅く、ぶどうのポテンシャルもあるためヌーヴォーらしからぬ閉じよう。
しかし、時間が経つにつれ甘みと繊細さが押し寄せてきて本当に旨い!!


みてみて!

http://www.v-yamazaki.co.jp/nouveau/index.html




味は・・・・・・・評価するというより、新酒を味わえる幸福と
その季節の到来への喜び、祭りの気分を満喫しましょう。

濃厚なワイン、豊かな芳香のワインに慣れると
少し物足りないものがありますね。。。

たしかに開くのに時間のかかるワインです。
デキャンティングでゆっくりといただきます。


そして、今日は一緒にボージョレのチーズを食べます。
これは今年初めて!


LA PIERRE DORRE DU BEAUJOLAIS
a0087921_21355515.jpg

濃縮感溢れるハード。結晶のザラザラした歯ざわり。
フランスのボジョレー地方では、ヌーヴォー解禁を祝い、
このチーズを食べるそうです。

やはり同じ土壌で作られている同士は、
抜群の相性なんでしょうね。

なかなか良いマリアージュを味わいました。



一年間でワインを飲むのが
ボージョレ・ヌーボーだけってひとが日本では多いように思います。

これは正直良くない。

同じ値段を出せば、
もっと美味しいワイン飲めるんだし、
ワインの美しさやエレガンスへの誤解を生みかねないと思う。

ワイン文化広げたいです。
[PR]

  by BRILLAT | 2006-11-16 21:38 | Beaujolais

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE