<   2007年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

SWEETSについて

今日は番外編です。

先日、ブリヤから情報をもらって情熱大陸を見ました。
フランスで開かれたクープドモンドというスイーツの世界大会での
日本人パティシエを追ったドキュメントでした。

参加された3人のパティシエは
それぞれホテルでシェフパティシエをされており、
国内の予選を勝ち抜いての参加だそうです。


クープドモンド 


日本が16年ぶり(・・・定かではないですが)くらいに優勝です。

アウェイで開かれた、しかもフランスで開かれたスイーツの大会で
日本が優勝するなんて嬉しいですね!

この大会では過去に、辻口さんが個人的に優勝されているそうです。

紹介までに、この間のとは別の
辻口さんのケーキです ↓ ↓ ↓

a0087921_23564236.jpg


a0087921_2357451.jpg


スイーツの魅力は、味もさることながら
視覚から得られる部分が大きいと思います。

もちろん、家庭的な素朴さで、
でも家庭では出せない味を作り出しているお店もありますが、
スイーツはあの見た目があってこそだと思います。


いうなれば、食べるアート。


これを食べてしまっていいのだろうか、
食べるのがもったいない、

と思わせることができるかどうか。


スイーツは、作品を作り上げるための材料が
たまたま食材であったために食べることができるアートです。


私はスイーツには、
魅せるスイーツ ・ 見せるスイーツ ・ 食べるスイーツ
があると考えています。

魅せるスイーツ
大会などで作り上げる、飴細工やチョコレートを用いた
アート作品としてのケーキ。

見せるスイーツ
見た目に美味しい、食べても美味しいケーキ。
食べたい!と強く思わせるケーキですね。

食べるスイーツは、
素朴さの中にもパティシエのこだわりを感じることの出来るケーキです。


日本は和洋折衷でなんでもありの中で、
世界大会などで日本独自の食材を使うことが出来るのは得ですね。

世界の食材を利用しながらも、日本を生かす。

スイーツに国境はない!


いつか、お菓子の家に住みたいです。


posted by CAREME
[PR]

  by BRILLAT | 2007-02-13 23:32 | Gateaux

Louis Page Chambolle Musigny 1998 ★★★★★+

a0087921_12155362.jpg

お気に入り度:★★★★★+
コメント:たおやめぶり


【基礎情報】 
銘柄:シャンボール・ミュジニー 1998
国:フランス
地域:ブルゴーニュ、コート・ド・ニュイ
生産者:ルイ・パージュ(ラブレ・ロワ)
品種:ピノ・ノワール
購入店:アウトレットワインTOKYO
価格:2625円
備考:
ルイ・パージュ社は1776年にムルソーに設立された、
コタン・フェレール グループが持つ6つのネゴシアンの内のひとつです。
ルロワやヴォギュエ、ジョセフ・ドルーアンといった超名門も
こぞってリリースする、ニュイきっての人気ワインが
このシャンボール・ミュジニィです。
北部と南部、2つのエリアで微妙に異なった個性を発揮しますが、
総じて他の産地のワインとは次元が違うと思えるほどに美しい、
華やかな果実味が味わえます。
(アウトレットワインTOKYOより)

【外観】
色:色の薄い少し枯れた褐色味
グラデーション:低
艶:良
透明度:高
粘度:中


【香】
強さ:3
好感度:4
コメント:
もう充分に熟れていることを告げる深い香り。
それでいて優しく荘厳。 繊細。

ただし、そっけない。

【味】
アルコール感:3
凝縮度:3
感触:優しい、豊か、たおやめぶり
甘味:3+
酸味:4
タンニン強度:2
複雑度:4
余韻持続度:3
フィネス:5
コメント:
ミュジニーらしさが出ているのではないかと思います。
求めても、求めても、逃げていく。
そんな魅力を追いかけたくなるのです。
全体として薄く、少しミネラル感があり細身、
女性的です。

マリアージュ:
音楽:ヴァイオリンの独奏、繊細な音のつかいかた
料理:難しいところです。内向的な性質に適うもの。

MEMO:
ワインは瓶差があるのが面白いです。
工業製品ではないので、どれとして完全に同じものはない。
まるで、農産物の有機栽培の野菜のように不揃いの魅力。

それが詰まっているのがブルゴーニュかもしれないですね。


追伸:
もう一週間近く酒は飲んでいません。
今後も減らしていく予定です。

ところで
近所に熊鍋なるものを発見。
果たして熊ってどんな味がするのでしょう・・・・・。  気になります。



posted by BRILLAT
[PR]

  by BRILLAT | 2007-02-13 12:16 | Bourgogne

赤坂見附 しろたえ

スリーズフロマージュブラン

a0087921_1201958.jpg

見た目に、春を先取りしたようなさくらんぼスイーツです。

上の部分は、さくらんぼのゼリーになっていて、
真ん中がムースです。ムースにはさくらんぼがはさまれています。


スポンジはキメが荒く、軽い口当たりになっています。

さくらんぼのケーキって珍しくないですか?

珍しさに、即決でした。

最近では、好きな類のケーキではなく、
珍しさや季節感のあるケーキを選ぶようにしています。
定番のものはいつでも食べられますからね。

そこにしかない、今しかないものを求めるようにします。
そうすることで、スイーツを感じる幅を広げるのです。


しろたえの代表作はこちら ↓ ↓ ↓
a0087921_1391084.jpg

左:レアチーズケーキ  右:シュークリーム

小ぶりであっさりいただけるので、
手土産として一度に沢山買い求めるサラリーマン姿をよく目にします。


ショップデータ:

しろたえ / 川越 盛一郎

http://www.ocn.ne.jp/gourmet/sweets/20050512.html

所在地 東京都港区赤坂4-1-4

● 最寄り駅 赤坂見附徒歩2分 永田町徒歩4分 赤坂徒歩8分
● TEL 03-3586-9039
● 営業時間 10:30~20:30(2階喫茶は20:00LO)
● 定休日 日曜日

posted by CAREME
[PR]

  by BRILLAT | 2007-02-11 01:54 | Gateaux

赤坂 mi-colle

是非、BRILLATを連れて行きたいお店です。
なぜなら、


 ‘もはやチーズそのものなチーズケーキ’ 


に合わせたワインを出しているからです。


ロックフォール
a0087921_112072.jpg


これは青カビのチーズケーキです。

甘さが先にくるのですが、
後から襲う青カビの味は強烈です。
もはやチーズケーキではなく、チーズそのものです。
それでも、下のクッキーの部分に甘さがあるので、
この部分と口にすれば、不思議と程よい甘さとチーズの味を楽しめます。


なぜチーズをそのまま出さずに、あえてチーズケーキにしたのか、
大きな疑問を残してお店を後にしました。

ちなみに、材料の90%がチーズだそうです。


ここではもう一つ

キャラメルポワ-ル をいただきました

a0087921_181563.jpg


上のチョコレートの部分は、若干粘性を帯びていました。
そのおかげで全ての層と絡み、各層の味を引き立てていました。
一番下には洋ナシがあるのですが、これがまた洋酒が強く、
全体的に大人をイメージさせるケーキでした。



紹介までに友人が食べたチーズケーキ

リコッタ&ピンクペッパー

a0087921_1153447.jpg


ミコレでは、常時6種類のチーズケーキを用意し、
これに合わせてワインとのセットがメニューの一つに入っています。
チーズケーキに使用されているチーズは、
リコッタ、青カビ、カマンベール、クリームチーズです。

ケーキ屋というよりは、喫茶ですね。


ワインの好きな方に向いているお店だと思います。
そういった点で、まさにこのブログに向いているお店です。


ショップデータ:

赤坂ミコレ / ‐‐‐‐‐‐

http://www.akasaka-mi-colle.com/

所在地 東京都港区赤坂3-6-10

● 最寄駅 千代田線赤坂駅2番出口徒歩2分
● TEL  03-3583-5337
● 営業時間 AM11:00~PM11:00(テイクアウトは~AM0:00)
         土曜日は ~PM5:30
● 定休日 日曜祭日


posted by CAREME
[PR]

  by BRILLAT | 2007-02-09 01:27 | Gateaux

Domaine Louis Chenu Savigny-les-Beaune Vieiles Vignes 2002 ★★★★

a0087921_13471696.jpg


お気に入り度:★★★★
コメント:何の特別なところの無い、普通の可愛らしい少女

    

【基礎情報】 
銘柄:ACサヴィニ・レ・ボーヌ -ルージュ-ヴィエイユ・ヴィーニュ 2002
国:フランス
地域:ブルゴーニュ
生産者:美人姉妹で有名なルイ・シュニュ
品種:ピノ・ノワール
購入店:アウトレットワインTOKYO
価格:3600円
備考:
平均樹齢60年のヴィエイユ・ヴィーニュ。
全くの無名生産者なものの、ワイン誌で特集が組まれたりと、
注目を集めはじめています。
『ワイナート』36号のテイスティングでも紹介され、
「密度が高い果実味」、「分かりやすい味」、「甘いラズベリー的な香り」
とコメントされています
(アウトレットワインTOKYOより)


【外観】
色:薄いけど褐色味のあるルビー
グラデーション:縁はほとんど透明
艶:良い
透明度:高
粘度:中


【香】
強さ:4
好感度:4
コメント:
あぁ、ピノだなぁーと懐かしくなるこの香り。
どこかしら若い少女的な芳香(動物香にして、官能でもなく野生でもなく)
程よい果実はベリー系。
総じて繊細で可憐。女性的。


【味】
アルコール感:2+
凝縮度:4
感触:うん、しっかりとしみこむ
甘味:3
酸味:4
タンニン強度:3
複雑度:5
余韻持続度:2
フィネス:4
コメント:
ミネラル感強く、旨味エキスを味わう系。
アタック感弱めで、優しくスルスルと良く進む。
ばんばんに果実味で押してくる味ではなく
旨味やまとまりの良さを魅力としているワインだと思います。
そして、若い。

この深い思考を欠いたところ、そして
華やかな女性らしさや、妖しさを持っているところ、

14歳にして妻となった若き
マリー・アントワネットのようです。
まさに、あの映画がこのワインでしょう。

決してハプスブルグの家系の顔立ちを持つ彼女は
絶世のビューティというわけではなかった。

その彼女が 彼女足りえたのは
その佇まい、振る舞い、雰囲気が “エレガンス” であったから。

ただの普通の少女。
何の変哲も無い普通の... それが彼女の虚飾を去った姿です。


マリアージュ:
音楽:Natural’s not in it / GANG OF FOUR
    I Want Candy / Bow Wow Wow
映画:マリー・アントワネット / ソフィア・コッポラ
建築:プティ・トリアノンのルソーの自然回帰

MEMO:
以前から飲みたいと念願のルイ・シュニュです。
前はデザインにフォーカスして記事を書きましたが、
やっと飲めました。

どこかしらに漂うフェミニズム、そして
パンキッシュさ。アバンギャルドさ。
感性的で、僕の共感を深く呼ぶ点。
一方で持つ女性的母性。 優しさ。弱さ。

ただの女の子に過ぎなかったアントニア。
そして史上最高に有名な王妃となった可憐な儚い後姿。
このワインはまさしくマリー・アントワネットのようです。


なんだか最近
彼女ばかりフォーカスしていますねw


ほんとルイ・シュニュはサイトも大好きなので是非見てください。
http://www.louischenu.com/

追伸:
「レ・ミゼラブル」という映画が久しぶりに最高でした。
岩波から出ている本も読んでみる予定です。

音楽では、“The View” を聴いています。
僕の無二の友人が「音楽さえあればいいと思わせてくれる稀有なバンド」と
彼等を評しました。

僕も、最後に何を残すか問われたら迷わず
「音楽」と答えるでしょう。


poted by BRILLAT
[PR]

  by BRILLAT | 2007-02-04 13:50 | Bourgogne

自由が丘 モンサンクレール

タルトフリュイ

a0087921_0353625.jpg


彦麿呂の言葉を借りるならば

「 ケーキの宝船や~~ 」

ですね。

フルーツの輝きが目を引く、美しい仕上がりです。

タルトの部分はショコラ生地になっています。
ショコラなのですが、甘さよりも ‘焼き’ を感じる味でした。
フルーツの酸味がとてもさわやかで、
午後のゆっくりとした時間に最適です。
フルーツ特有の酸味と甘みがこのタルトを作り上げています。


小さな宝船は、予想をはるかに超える大きな幸せを運んでくれました。

参考までに、友人の食べたケーキの紹介です。

ガレットフレーズ
a0087921_0473755.jpg

バターたっぷりのタルト生地に、いちごがのっていて、
いちごの奥にはチーズクリームのような
さっぱりとしているなかにコクのあるクリームが隠れていました。


ショコラプランス
a0087921_0482121.jpg

こちらもショコラタルトでした。上はチョコレートムースですね。


モンサンクレールへ足を運ぶの2度目です。
どちらも3時近くに行ったため、ショーケースの中は、売り切れごめん!状態でした。
前回は本当に数種類しかなく、しかも並んでいたため、
次々無くなっていってしまい、残された選択肢がわずかでした。

今回は、前回よりも若干多かったものの、
やはり目当てとしているケーキにはまだお目見えしていません。

次回は、オープンに合わせて行きたいと思います。


ショップデータ:

モンサンクレール / 辻口博啓 スイーツブームの先駆け的存在

http://www.ms-clair.co.jp/


所在地 東京都目黒区自由ヶ丘2-22-4

● 最寄り駅 東急東横線自由が丘から徒歩 10分
● TEL 03-3718-5200
● 営業時間 11:00~17:30(ラストオーダー)
● 定休日 不定休 随時HPに掲載


posted by CAREME
[PR]

  by BRILLAT | 2007-02-04 01:00 | Gateaux

池尻大橋 LA TERRE洋菓子店

ピーナッツショコラ

a0087921_2245262.jpg


私にとって一つのケーキを選ぶことは

 ‘勝負’ 

です。なので、いつも時間をかけじっくり吟味します。
初めてのお店では特に、
ショーケースにぴったりとくっつき、
生地や使用しているフルーツの産地などを
店員さんに聞いたうえで、どれにしようか決めています。

しかし、このケーキにいたっては
ピーナッツを前面に出しているところが珍しく感じ、
衝動買いたしました。

その名の通り、

口に入れた瞬間、ピーナッツの味が広がってきました。
しかも、口に入れると味だけではなく、
ピーナッツの香りまで広がってくるのです。
一口の中で、味と香りは
全く別の領域から攻めてきました。


ピーナッツとチョコレートのナイスコラボでしたね。

ピーナッツバターとはまた違い、
先にピーナツの味がきて、
その後をチョコレートが追ってくるといった感じです。


LA TERREでは、ケーキのほかに、
パンやレストラン、カフェなどもやっています。
まだ洋菓子店のみのときにしか足を運んだことがないので分かりませんが、
住所から察するにどれもほど遠くない場所にお店がまとまっているので、
一度に何度も美味しいお店ですよね!


いつもじっくり選ぶ私に、一つ残念なことがあります。
それは、案外、質問に答えられない店員さんが多いということです。
何か質問すると、
「今、中の者に聞いてまいりますので少々お待ちください」
との返事をいただきます。
自分が販売している商品の特徴くらい覚えて欲しいと思います。


ショップデータ:

LA TERRE洋菓子店 / -----

http://www.laterre.com/patisserie/

所在地 東京都世田谷区池尻3-27-10

● 最寄り駅 東急田園都市線池尻大橋駅より徒歩8分
● TEL 03-5486-5489
● 営業時間 AM10:00~PM20:00
● 定休日 水曜日


posted by CAREME
[PR]

  by BRILLAT | 2007-02-03 23:04 | Gateaux

マリー・アントワネットとマリリン・モンロー

a0087921_12195875.jpg


マリー・アントワネットの香水の実物写真です。

『M.A. Sillage de la Reine (王妃の香り)』は
2005年調香師フランシス・クルクジャンによって作りあげられました。
『マリー=アントワネットの調香師、ジャン=ルイ・ファルジョン』
(共同出版 Perrin/Château de Versailles) の著者
エリザベット・ド・フェイドーは執筆にあたり、
当時の文献にまで遡って研究を重ねてきましたが、
この香水はそれら史料・文献に基づいて忠実に再現されたものです。

エリザベット・ド・フェイドーはこの作品の執筆中に、
当時の香水の請求書を見つけたことから、
マリー=アントワネットの好みを探り、
王妃の愛した香りの共通点を割り出すことができました。
それは凡庸ならざる香りなのです。
以来、マリー=アントワネットの香水はごく自然に
『M.A. Sillage de la Reine (王妃の香り)』と呼ばれることとなりました。

フランシス・クルクジャンは香水の解明に心を砕いていましたが、
天然の素材に« 香水のエスプリ » を加えてみることにしました。
ジャスミン、チュベローズ、オレンジの花のアクセントをつけると
バラとアイリスに力強さが出てくるのです。
ヒマラヤスギや白檀のウッディな香りをほんの少し加えるだけで
ガラリと趣きが代わります。
仕上げには2種類のラスト・ノート、ムスクと貴重なグレイ・アンバー。


(画像、記事はコチラ


ロイヤルな雰囲気溢れる、気品ある色の使い方ですね。
彼女のMAのエンブレムがケースに刻印されているのも
なんとも心をくすぐられますし、
現代的な解釈が加えられたデザインなども僕の好みです。
バカラのガラス製のも画像見てみたいですね。



CHANEL No.5 で有名なマリリン・モンローの
香水も発売されているみたいなので合わせて紹介。
a0087921_1243876.jpg

華やかでラグジュアリー。
銀幕のビューティのイメージにいかにも適ったものです。




この二人ってよく似ていると想うのです。
エレガンスの頂点にあったことと
そして

“誤解” されていたという点が。



posted by BRILLAT
[PR]

  by BRILLAT | 2007-02-02 12:27 | etc...

Novello Toscano 2006 ★

a0087921_2211084.jpg

お気に入り度:★
コメント: 薄っぺらい

【基礎情報】 
銘柄:ノヴェッロ・トスカーノ 2006
国:イタリア
地域:トスカーナ
生産者:カステッリ・デル・グレヴェペーザ
品種:サンジョベーゼ
購入店:アウトレットワインTOKYO
価格:1050円
備考:
まるでボジョレー・ヌーヴォーそのものみたいな
バナナの香り、ボジョレーよりもはるかに凝縮した
ジューシーな赤黒い果実の香り・・・、
香りだけでもう顔はほころびっぱなしです。
味わいにもフレッシュな果実の果実味がめいっぱい詰まってます!
ホントに果実味いっぱい、ジューシーでとにかくおいしい!!
喉ごしに感じる酸味もとっても心地よいです。
ゴクゴク飲んで思いっきり酔っぱらっちゃうのも楽しそうです。
(アウトレットワインTOKYOより)

【外観】
色:紫赤、ピンク
透明度:高
粘度:低

【香】
強さ:2
コメント:
甘いイチゴのような香り。

【味】
アルコール感:2
凝縮度:2
感触:なめらか
甘味:3
酸味:3
タンニン強度:1
複雑度:0
余韻持続度:1
フィネス:1
コメント:
味の深みが全く無い。
がぶ飲みに使ってください。

味わうものではありません。

マリアージュ:
料理:スパゲティとかいいのでは。
    これだけを味わうのは厳しいです。
絵画:―
音楽:―
映画:―
建築:―
 
MEMO:
最近、ワインバーで信じられないような
マールを飲んで本当に驚きました。
世の中には信じられない美味しいお酒があるものです。
ナポレオンのロゴのあるフィサンのプルミエクリュも
とても美味しかった。

最近飲む安いワインは
それなりのレベルのものばかりですね。

テラ・マターが同じ値段(980円)で、
ルイジャドのボージョレがほとんど同じ(1500円)なら
本当にこの二本はCPがいいと思います。

ちなみに撮影はリビングです。


posted by BRILLAT
[PR]

  by BRILLAT | 2007-02-01 22:07 | Toscana

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE