<   2006年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

ワインは女性そのもの

ワインは、愛情の注ぎ方、愛情の量によって
育ち方に違いが出る。

非常に繊細で多彩な性格をもつが、
すぐにはそれを現さない。

初めは、大人しくて無性格である。
それからすこしづつ性格を表に現すようになる。

幼いときほどわがまま。
年頃になると、ちょっと神経質なところを
見せたりする。

でも、ときがくると、
わがままが消えて優しくなり、
女性が花開くように完成し、
年を重ねるごとにまるみが出て
おだやかになってくる。



ロマネ・コンティの生みの親が言ったらしいです。


「パリからのおいしい話(戸塚真弓)」参照


素晴らしい名文句だと思っています。

女性もワインも、素晴らしい出会いが人生を豊にする点、
その魅力で人を酔わせる点では同じですよねw なんて
[PR]

  by BRILLAT | 2006-09-30 14:56 | etc...

Terra Mater Shiraz Cabernet 04  ★★★★★★

TERRA MATER Shiraz Cabernet 2004
a0087921_20143453.jpg

お気に入り度:★★★★★★

1000円以下で、

『ついに余は極上の一品を見つけた!』
(シャルルマーニュがブリー・ド・モーに言った言葉)

濃く鮮やかな色合い。
ほとんど黒に近いシラーらしい色。

そして、立ち上る香り。
ここまでアロマの香るワインでこの安さはないな。
この香りがこのワインの特徴なんです。

そして味わいは酸味、渋みが強く濃厚なボディ。
豊かな余韻。。。。


これはケース買い!!!と
初めて思った極上のワインです。


カベルネとシラーズか。
テラ・マターはいいワイン造るなー。。



そして、お相手のチーズには

Promex Brie

a0087921_20175046.jpg


殺菌乳のクセのない味わい。俺が
この数年間最も好んでいた味わい。
熟成も程よく美味しい。

ただ、もうやっぱり癖がないものは
つまらないですね。

ナッティーで個性的なコンテとか
無殺菌の個性的なものをまた食べたい。

そして、パンはVIRONの

・ フーガス・グリュイエール
・ カンパーニュ・プティ

a0087921_2021531.jpg
んー。やっぱりVIRONはバゲットですね。
とくに感動はないです。
フーガスのようなパンには
僕は余り興味が無いようです。
[PR]

  by BRILLAT | 2006-09-26 20:26 | Chile

ベヒトルスハイマー トロッケンベーレンアウスレーゼ ★★★★★ 

貴腐ブドウからつくられた
最高級のドイツの貴腐ワイン。

エルンスト・ブレッツ
ベヒトルスハイマー トロッケンベーレンアウスレーゼ

a0087921_2572116.jpg

お気に入り度:★★★★★


蜂蜜と同じとろけるような黄金色。

華やかな花の香り。

濃厚でしつこいくらいの甘み。


さっき飲んだものよりも
はるかに濃厚。

のどがひりひりするほどの甘み。

めまいを覚える官能的な芳香。

貴腐ワインは、
女性に喜ばれるワインだな、と思わせられます。


それにしても、まるでハチミツだ。
んー美味。
少しで満足です。
[PR]

  by BRILLAT | 2006-09-24 02:57 | Germany

マイバッハ ベーレンアウスレーゼ 2003 ★★★★

貴腐ワインを始めとした超甘口ワインにハマってます。

生産: ペーター・メルテス社
産地: ドイツ ラインヘッセン地方
品種: オルテガ種とオプティマ種


マイバッハ ベーレンアウスレーゼ 2003

a0087921_20242876.jpg

お気に入り度:★★★★

ハチミツを感じさせる、淡い黄金色。甘い香り。
雑味や酸味が少なく、とろけるような甘み。

安いし、美味しい。お勧めです。


貴腐ワインはいいですね。
ルイ14世は貴腐ワインを
「帝王のワインであり、ワインの帝王」と絶賛したそうで、
貴族の間でも、もてなすときは最も用いられたそうです。

マリー・アントワネットの母でり、
ハプスブルグの女帝、マリア・テレジアは

「このワインには金が溶け込んでいるのね」

と言って感動したらしいです。
[PR]

  by BRILLAT | 2006-09-23 20:26 | Germany

Chianti Classico 2002 / Zonin ★★

イタリア、トスカーナ地方のワインです。

Chianti Classico 2002 / Zonin

a0087921_2118231.jpg

お気に入り度:★★

・ 色: 少し枯れた褐色がかった紅色。老婦人。
・ 香り: 特に強くなし。干した、乾燥した香り。(イタリア独特)
・ 味: ミディアム-フルボディ。辛口。
     常温に落ち着くにしたがって本領発揮。
     強い渋み、豊かな酸味だがしつこくなく、
     余韻は短め。キメはなめらかではない。
  

コメント:   
時間がたつほどに美味くなりました。
温度高めで飲むのに適したワインです。

当初のつっぱねたような渋みが消え、徐々に
まろやかで豊かな甘みが生まれてきます。

そのあと、赤身の肉とあわせたが、絶妙でした。
やはり赤身の肉と赤ワインは合いますね!

以下転載。

ZONIN社は17世紀、北イタリアのヴェネト州でワインづくりをはじめ、1821年に会社として創立した名門ワイナリー。現在、北はピエモンテ州から南はシチーリア州まで、7州にわたり合わせて1,800ha以上にも及ぶぶどう畑を所有しています。イタリア最大のエステート(ぶどう畑と醸造設備)がもたらすものは、3,500万本にも達する生産量だけに限りません。多彩なエステートはそれぞれの地域の土壌、気候を反映した高品質のワインをうみだします。
[PR]

  by BRILLAT | 2006-09-22 21:23 | Toscana

CEUSO 2003

イタリア、シシリア島のワインです。

CEUSO 2003

a0087921_21251381.jpg


7月と8月14日に1本ずつ飲んで
リピートさせるほどに魅力的なワインです。

とても深みのある味わいで、個性的。

香り高く、媚びない味。
素晴らしい豊満なふくらみを感じます。
[PR]

  by BRILLAT | 2006-09-21 18:48 | Italy

バゲット、カマンベール、ブルゴーニュ、ゴルゴンゾーラ、一部貴腐ワイン

9月20日。

松井とディナー。渋谷の部屋で購入した
ワインとパンとチーズを食す。

Joseph Drouhin Bourgogne

a0087921_21273833.jpg


ピノ・ノアールの味わいが良く出た典型的ブルゴーニュ、
とのことですが、そこまで分からないです。

ジョセフ・ドルーアンのブルゴーニュ。

ただボルドーとは決定的に違う、色、香り、味わい。
艶やかで深い渋みをもつボルドーに対して
鮮やかで華やか、明るいブルゴーニュ。

ここに面白いことが書いてあります。↓↓

ブルゴーニュとボルドー


そして、今までブリーに比べ敬遠していたカマンベール。
今回は高級品。

Camembert de Normandie Isigny AOC

a0087921_2128781.jpg


日本一と信じて疑わない

バゲット・レトロドール/ VIRON

a0087921_18581088.jpg


カマンベールは完璧な熟成。
ため息が出るほどの美味しさ。濃厚でねっとりと舌に絡みつく。
無殺菌乳ならではの香り、コク、クセ。個性的な味わいで、最高に
バランスの取れた熟成(画像が無いのがもったいない!)

バゲットは焼き立てを購入できた。VIRONの焼きたてのバゲットは
本当に美味しい。フランスパンの認識に革命を起こす。

クラストはサクッとして、中から強烈においしそうな芳香が立ちのぼり
クラムは柔らかく暖かく、不揃いの気泡があり、味わい深い。


そしてデザートに1000円の“一部”貴腐ワイン!と
ゴルゴンゾーラを食す。

a0087921_196891.jpg

やはり、アイスワインほどの感動は得られず。
どこかしらに酸味がある。
ゴルゴンは、青かびが少なく食べやすい。つまり私は嫌いだ。
[PR]

  by BRILLAT | 2006-09-21 18:42 | Mariage

ロックフォール、ブリー・ド・モー、カンパーニュ、アイスワイン

ラ・テールでカンパーニュの1/4(600円)と、
成城石井で、ブリー・ド・モー、ロックフォールを購入しました。

久々にパンが食べたくなったので、ポワラーヌの
カンパーニュを注文しようかと思ったのですが
余りに高すぎ!るのでw

ラ・テールのスペルト小麦を使った
いかにも17世紀にフランス庶民が食べた味わいを
感じられるカンパーニュを購入。

中世からルネッサンス、近世までのフランスの食に
強い関心があるのでこういうのは好きです。

a0087921_12562642.jpg


久々のチーズなので、こっちも奮発!

Brie de Meaux
シャルルマーニュも愛した、白カビの王様、ブリー・ド・モー。
ねっとりとした歯ざわり。舌に絡みつく官能的な味わい。
熟成が進んでいて、個性的な味わいになる。
さすが無殺菌乳の個性。美味しいです。

a0087921_12284669.jpg


りんごとカンパーニュにはさんで。シードルが欲しくなります。


Roquefort
青かびの王様、ロックフォール。
あまーいワインに合わせてみたい。ピリッとした口当たり。

a0087921_12302686.jpg


ハチミツとカンパーニュ。
ほんとはレーズンやイチジクの入った
ライ麦のブロートにあわせてみたかったですね。

そして妹がカナダから帰宅していて、
お土産にカナダのアイスワインを!!

日本で購入するとネットで12600円だが、
あちらの地元だと3000円らしいです。。

素晴らしい! ブラボー! さすが我が妹。
いま世界で二番目に飲みたかったアイスワイン!!

しかもロックフォールが目の前に!
神に感謝せねば。

ICE WINE Vidal 2005

a0087921_12347100.jpg


甘くとろけるハチミツのようなデザートワイン。
ロックフォールとのマリアージュがたまらない。
[PR]

  by BRILLAT | 2006-09-20 12:34 | Mariage

VIRONの朝食

ヴィロンの朝食。


1260円で、とても優雅な気分で
一日をスタートできます。

素晴らしいパンと、素晴らしいジャム、ハチミツ、ショコラ。
この値段は安い!

赤い外装。相変わらずステキです。

a0087921_126790.jpg


一階のバゲット、クロワッサン、リュスティック、カンパーニュを
見ていつも通り美しいなぁと喜びをかみ締めて、
二階のブラッセリーへとあがります。

a0087921_1274467.jpg


ヴーヴクリコのシャンパーニュ。上品な絵画と赤い色味。

a0087921_1284829.jpg


a0087921_1291149.jpg


今日は、セレアル、バゲットと、クロワッサンアマンド、
クロワッサン生地にブルーベリーっぽいのがはいったの4つ。
ジャムとハチミツ、チョコたっぷりでいただきます。

a0087921_12102958.jpg

[PR]

  by BRILLAT | 2006-09-20 12:10 | Maison

Terra Mater Unusual CARMENERE SHIRAZ'00(Chile).

9月5日。VIROBで朝食を食べた帰り道、
いつもの ヴィノスやまざき で購入。

a0087921_1153933.jpg


醸造元がコメントを書いてくれたボトルを運よく手に入れられました。


“ You Will Love This Wine ! ”


世界でこのコメント入りのボトルを持っているのは
僕だけだと思うと嬉しいものですね。

葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニョン、シラー、ジンファンデル

3種類のブレンドだとラベルに書いてあります。
収穫は、葡萄のために全て手摘み。

値段は3600円です。
テラ・マターは「母なる大地」という意味だそうです。

味は思ったほどに重くもなく、比較的軽かったです。
母と二人で飲んだのですが、
良い上海旅行前の記念になりました。


いわく、


チリで最も権威あるアワード「 カタドール・ハイアット」で476もの名蔵最高峰ワインの中から見事トップに選出された. 正真正銘のグランヴァン!!

毎回入荷する度に爆発的な人気ですぐに売切れてしまうチリの怪物ワイン。 名前のとおりアンユージュアル. 普通ではない!


■テラ・マター
テラ・マターは1996年に創立された新進蔵元です。首都のサンティアゴに程近いワイン銘醸地・マイポヴァレーに新しいワイナリーを建設し「母なる地」を意味する「テラ・マター」と名付けました。最新のイタリア製醸造設備など近代的なワイン造りを施しますが、ぶどうは至って自然派農法で造られているので、どのワインの味わいも極々ナチュラルです。今回はパブロが2回目の来日。ブースでも「この間、世界のワインジャーナリスト協会が選ぶ『世界のTOP100ワイナリー』に選出されたんだ!!しかもチリは3蔵でその中でもトップだったのさ!!」とかなり自慢気に熱弁。ステージでは情熱的なダンスも披露してくれました。まず参加者が一斉に詰め掛けたのはナチュラルな白ワイン。蒸し暑さを潤すキレの良い味わいが大好評でその場で”おかわり”する人も続出。テラマターはチリを代表するようなグランヴァンも生産していますが、カジュアルワインも大変な人気なのです。

なんといっても今回のチリワインブースで1番の目玉となったのは、スペシャルワインの“アンユージュアル”。チリ最高峰のグランヴァンです!!「アンユージュアル」はチリで最も権威を持つコンクール「カタドール・ハイアット」で約500種の中から4つしか選ばれない金賞をGET!!3つの品種が見事に融合、自然派でありながら、力強さに満ち溢れたテラマターのトップワイン!!事前にプログラムをチェックしていたお客様が、抜栓前からブースに並ぶ状況となり、思わずフライングして出してしまいそうになるほど鬼気迫る情熱を感じました。(正直少し怖かったです…)そんな特大の期待を背負った”アンユージュアル”ですから、抜栓直後からお客様が殺到する事態となりました。それでも、そんな中聞こえてきたのは「美味いっ!!」「絶対に買うから取っておいて!」という嬉しい感激の言葉。そして、あらためて当店のチリワインがアンユージュアル(普通じゃない)であることを実感することとなりました。

[PR]

  by BRILLAT | 2006-09-20 12:00 | Chile

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE