カテゴリ:Bourgogne( 29 )

 

Henri Perrot-Minot Bourgogne V.V. 2004 ★★★★

a0087921_2171337.jpg


お気に入り度:★★★★
ひとこと: スパイシー

【基礎情報】
銘柄:ブルゴーニュ・ルージュ ヴィエイユ・ヴィーニュ 2004
国:フランス
地域:ブルゴーニュ
生産者:アンリ・ペロ・ミノ
品種:ピノ・ノワール
購入店:ワインマルシェまるやま
価格:2610円
備考:
2006年最後のワインです。
ぺロミノ。

【外観】
色:濃く、シラーかグルナッシュのようでガーネット味あり
透明度:高い。まだ若そうだ。
粘度:足が長い。トロみがある

【香り】
強さ:4
コメント:
最初開いてなくて心配だったが、開けて30分でスパイシーで
眩暈がする香りが花開く。
まるで黒胡椒をかいでいるかのよう。

メンソールの清潔感もあるところが、
シラーのスパイシーさとの違いを感じさせる。

個性的で、ここまで強烈なピノに出逢ったことはない。

【味】
濃度:4
複雑さ:3
甘味:4
酸味:2
渋味:4
アルコール:5
余韻:4 スパイス的
コメント:
スパイシー。粗挽き黒胡椒。
時間の経過と共に、奥深く果実味を探れるようになる。

変化が激しく、気象の激しさを感じさせる。
とっつきにくいのかも。
激しく凝縮して、眉間にしわがよっていそうです。

MEMO:
父が久しぶりに帰国しました。
本当に久しぶりの家族団らん。
ベートーベンとモーツァルトを聴きながら過ごす穏かな年の瀬です。

音楽は時間の芸術といいますが、
ワインも時間の要素を持った芸術ですね。


僕は、“美”のために考え、行動します。
芸術や文化こそ、僕の道だと思います。

音楽、絵画、インテリア、服飾、美食。
生活に必ずしも必要ではない無駄なもの。副産物。
目を、耳を、鼻を、、、、五感を愉しませるもの。

豊かでないと生まれない人間の歴史の『エッセンス』。
それを追い求めている。

僕というものを確信した2006年でした。

つまり、おもいきり自分勝手に過ごしました!

2007年は、自分に嘘をついて、少し我慢をして
バランス感覚を身に付ける年にしたいですw

というか、しないといけなくなるでしょう。
[PR]

  by BRILLAT | 2006-12-31 21:28 | Bourgogne

Michel Gros Bourgogne 2002 ★★★★★

a0087921_18501968.jpg


お気に入り度:★★★★★

【基礎情報】
銘柄:ブルゴーニュ・ルージュ2002 
国:フランス
地域:ブルゴーニュ
生産者:ドメーヌ・ミシェル・グロ
品種:ピノ・ノワール
購入店:ワインマルシェまるやま
価格:2190円
備考:
*ミシェル・グロのコメント*
 「正直、収穫が迫るにつれ葡萄の出来に不安がありました。」と、
素直に認めるミシェル。しかし、収穫直前になって、幸運の北風が吹き、
糖と酸の傑出したバランスを持つ高い凝縮度を持つ葡萄となりました。
2002年は過去のどのヴィンテージとも比較しようがない、
魅惑的な個性を持った、グレート・ヴィンテージです。
産出されるワインは、ジュヴレに似た色も濃く、香り高く力強いワイン。
(参照:http://www.hanaiya.com/BOURGOGNE-PAGE/MichelGros-page.htm)

【外観】
色:薄く澄んだ若いブルゴーニュ的レッド(ピンクや紫ではない)
透明度:高い
粘度:低い

【香り】
強さ:3
コメント:
開くのに少し時間がかかりますが、
徐々にその本来の甘い魅力が発露します。
薄いけれど、官能性を帯びていて魅惑的な魅力がある。
ああ 惜しい。惜しい。もっと。と思っても、去ってゆく。逃げてゆく。
そんなじれったさと、もどかしさ。

ミシェルが造りたかったもの、とても美しいものが
見えてきそうなところで無情にも画像が消えてしまう。。。。。

いずれにせよ、ゆっくりと飲みましょう。
スルスルと飲めるので、早く飲むと損をします。

【味】
濃度:2
複雑さ:3
甘味:3
酸味:3
タンニン:1
アルコール感:4
余韻:3
コメント:
薄く、まるで水のようにスルスルといけます。
このワインは、料理と喧嘩しない優等生です。
和食とあわせてみたり、素材本来の味を活かした料理と
よくマリアージュするでしょう。

MEMO:
僕みたいなお金のない大学生は、
ブルゴーニュルージュか村名くらいのレベルが身分に相応な気がします。

特に、ブルゴーニュの造り手の味の違いを知るにはブルは
テロワールの特徴が消えるので比較しやすく、丁度良いですね。
より上級のワインを買うときの参考にもなりますし。

さて、このワインの造り手。

ミシェル・グロ。

雑誌で見たときは
鼻の立派な、いい笑顔をする、優しそうなおじさんだなぁと
思っていましたが。そのイメージにたがいませんでした。

良い造り手だと感じます。
長く付き合えそうな丁寧な優しいワインです。
[PR]

  by BRILLAT | 2006-12-30 19:06 | Bourgogne

LOUIS JADOT Fixin 1998 ★★★★★

a0087921_4114132.jpg


お気に入り度:★★★★★

【基礎情報】
銘柄:フィクサン1998
国:フランス
地域:ブルゴーニュ
生産者:ルイ・ジャド
品種:ピノ・ノワール
購入店:ワインマルシェまるやま
価格:3700円
備考:コート・ド・ニュイ、北からマルサネと
ジュヴレ・シャンベルタンに挟まれる村。
産出されるワインは、ジュヴレに似た色も濃く、
香り高く力強いワイン。

【外観】
色:よく枯れた茶褐色
透明度:著しく高い
粘度:中

【香り】
強さ:5
コメント:
カビが保存状態の良さを感じさせます。
開栓したら、艶かしい香りが漂う。
アスファルトのような香りの要素があります。

【味】
濃度:5
複雑さ:5
甘味:4 → 3
酸味:1
タンニン:4
アルコール感:5
余韻:6
コメント:
北の大地の幸福のエキスの凝縮。
ウマイ。

これは美味しいというより、旨いという感じ。
高い透明感に薄そうだなーと思ったのが間違いで、
実は凄い濃縮された美味エキスでした。

ブルゴーニュらしい、ピノらしい味わい。
そして北の大地を感じさせる、強いミネラル感、
土が語りかけてくる感じ。

“ありがたい”純粋にそう思いました。

MEMO:
念願のルイジャドを遂に飲んでみました。
これは美味です。是非他の地域のも挑戦してみたいところ。

二日目、三日目とだんだんに味わいは消えてゆきます。
これはもう飲み頃ギリギリな感じなのでしょう。


と書いたそばから、また美味しく変化。
複雑です。
[PR]

  by BRILLAT | 2006-12-27 04:12 | Bourgogne

Frederic Magnien Chambolle Musigny V.V. 2002 ★★★★★★

a0087921_17215632.jpg

お気に入り度:★★★★★★

【基礎情報】
銘柄:シャンボール・ミュジニー ヴィエイユ・ヴィーニュ 2002
国:フランス
地域:ブルゴーニュ
生産者:フレデリック・マニヤン
品種:ピノ・ノワール
購入店:成城石井
価格:3990円
備考:
僕の原点ともいえるフレデリック・マニャン。
前に飲んだのはシャンベルタンの村名

【外観】
色:よく枯れて熟成感あり
透明度:低め
粘度:中

【香り】
強さ:5
コメント:
官能性。これ以上の褒め言葉があるでしょうか。
複雑に絡み合う動物的な絡み合い。
新品の皮の財布を箱から出したときの匂い。
ツンとしたクリーンでスパイシーな要素。
艶かしい肌を感じさせる香り。

【味】
濃度:5
複雑さ:5
甘味:3
酸味:3
タンニン:2
アルコール感:4
余韻:5
コメント:
複雑に多彩な要素が絡み合い、繊細に華麗に完成させます。
そのさまは、絵画にするならば “グスタフ・クリムト” 。

優美で、たおやかな女性的な味わい。
熟成が充分でないと出てこない魅力。

MEMO:
不甲斐ないことに、風邪をひいてしまいました。
世間を騒がせているノロウィルスではなさそうですが、
症状は頭と咳と洟に来ていますが、かなり重めです。

06は前半は元気溌剌で、後半は多病でした。
“CANON”のメロディーが
心地よく癒してくれますね。
こういうときにロックとかだけは聴きたくない。

さて、そんな中、久しぶりに期待のワインです。

村名ワイン2本飲んで両方とも大あたりだったフレデリック・マニャンのシャンボル・ミュジニー。

繊細で優美といわれる
シャンボール・ミュジニー。

×

フレデリックマニャン。

期待していましたが、
やはり傑作でした。

経験不足で判りませんが、
きっとテロワールの魅力をきちんと伝えているのでしょう。


香りは官能性をもちながら、決して淫らに陥ることなく、
清潔感と、凛とした気丈さ、芯の強さを感じさせます。

高貴な生い立ちと、備えている品位は隠しようがありません。

この前のシャンベルタンが豊満な娼婦とするのなら
このワインは、清楚な若い婦人でしょう。


もちろん味も裏切りません。
その様子はヒトコトにはまとめがたく、多くの色彩が
一枚の白いキャンパスの上で協奏曲を奏でているようです。

豊かにして、細く、か弱く、美しい。 


こういうブルゴーニュがあるから、
僕はピノが好きでいられるのです。


再確認しました。
[PR]

  by BRILLAT | 2006-12-19 17:51 | Bourgogne

Bourgogne Hautes-Cotes de Nuits Rouge le Prieure 2004 ★★★★★+

a0087921_0474246.jpg


お気に入り度:★★★★★+ (待てば、もっと良くなる!)

【基礎情報】
銘柄:オーレリアン・ヴェルデ ニュイ・サン・ジョルジュ 2004
国:フランス
地域:ブルゴーニュ
生産者:ドメーヌ エ メゾン オーレリアン ヴェルデ
品種:ピノ・ノワール
購入店:Bisty's
価格:3570円
備考:
表参道ヒルズのワインショップ、BISTY'S。かなりオススメ。

【外観】
色:薄いガーネット
透明度:高い
粘度:低い

【香り】
強さ:4
コメント:
ピノの若いいいもの。青い野菜や山の生い茂る雑草のニオイ。

【味】
濃度:3
複雑さ:4~
甘味:3
酸味:4
タンニン:2
アルコール感:3
余韻:2
コメント:
フルーツの強い酸味。繊細な口当たりと
純粋無垢で透明感のある味。
複雑に変化。まだまだ若すぎる。

MEMO:
これは買う価値のあるワインです。間違いなく。

でも、あと2年とか置いておかないと
本領発揮できないと思います。

本領を発揮したときが恐い、そんな
底知れぬ可能性に満ち溢れています。

表参道ヒルズのビスティーズは今後も
頻繁に行きたいお店になりました。
[PR]

  by BRILLAT | 2006-12-18 00:54 | Bourgogne

Alex Gambal Pinot Noir Cuvee Les Deux Papis 2004  ★★

a0087921_124334.jpg


お気に入り度:★★

【基礎情報】
銘柄:ピノノワール キュヴェ・ドュー・パピ 2004
国:フランス
地域:ブルゴーニュ
生産者:アレックス・ガンバル
品種:ピノ・ノワール
購入店:ヴィノスやまざき
価格:2880円
備考:
アレックス・ガンバルの原点と言えるワイン。
ピノ・ノワールの特性を活かしベリー系の甘酸っぱい香りと
酸味と旨味のコンビネーションはブルゴーニュらしさの中に、
熟度の高い葡萄と厳選した上質な樽を使用したからこそ味わえる
奥深い印象を感じます。
この『レ・ドゥー・パピ』とは『二人のお爺さん』と言う意味。
実はガンバル氏が37歳の時、アメリカからブルゴーニュの
醸造学校に入学した際に出会った40歳くらいの男性と意気投合し、
「いつか自分達の手でワインを造る日が来たならば、
俺たちのキュヴェを造ろう!!」という約束を
実現させた思い入れ深いワインなのです。
平均年齢が25歳の醸造学校において、最年長の彼らは
自らを皮肉って『2人のお爺さん』という名前にしました。

【外観】
色:ルージュ
透明度:高い
粘度:弱

【香り】
強さ:4
コメント:生臭さ、スパイシーさ

【味】
濃度:3
複雑さ:4
甘味:3
酸味:3
タンニン:2
アルコール感:2
余韻:(可能性を感じさせながら)1
コメント:若いつぼみを早く切りすぎた、失望感

MEMO:
若い青々としたフルーツ。
赤くなりきれていないりんご。
未成熟の初々しさと危うさ。

可能性だけはあるものの、開花していない
甘酸っぱいワイン。

ああ ストレスたまる。。。。

ようはワインセラーを買えという話に帰結するのです。


こちらは、お土産のボジョレー。

a0087921_1565062.jpg


残念ながら、こっちのほうが美味しい。

甘み、フルーティでフローラルな
素敵な香りがする。。。★★★★ですね。
 
エア・フランス採用のボージョレだそうです。


やっぱり「飲み頃」判断は大切ですねぇ
ガンバルさんのも可能性はかなり高いことは間違いないと思うのです。
ホント。


次にデザートのアイスワイン。

a0087921_15921.jpg


これは格別! ★★★★★

甘さと酸味のハーモニー。
甘ったるいだけの蜂蜜ワインとは違います。
[PR]

  by BRILLAT | 2006-12-14 01:46 | Bourgogne

Domaine Caillot Monthelie 2001 ★★ 

a0087921_23431986.jpg


お気に入り度:★★

【基礎情報】
銘柄:モンテリー 2001
国:フランス
地域:ブルゴーニュ
生産者:ドメーヌ・カイヨ
品種:ピノ・ノワール
購入店:ヴェリタス
価格:1980円
備考:ロバート・パーカーが4つ星をあげたそうです

【外観】
色:少し枯れた透き通るブルゴーニュ
透明度:高い
粘度:弱

【香り】
強さ:2
コメント:少し生臭い系。おそらく「おしい」ところまで来ている

【味】
濃度:2
複雑さ:4
甘味:3
酸味:1
タンニン:1
アルコール感:3
余韻:3
コメント:香りと味のギャップなど、かなりいいところを突いているが
      いかんせん薄い。もうすこしで官能性を身に付けそうな残念さ。



MEMO:
なんだか、以前にブルゴーニュルージュで
カイヨに★をたくさんあげたのに
今回余りあげないのがバランス悪いような気がしますが。。。。

舌の言うとおりなので仕方がないのです。
[PR]

  by BRILLAT | 2006-12-11 23:51 | Bourgogne

Dominique Laurent Cote de Nuits-Villages cuvee tradition 2003 ★★

a0087921_22211666.jpg


お気に入り度:★★

【基礎情報】
銘柄:ドミニク・ローラン コート・ド・ニュイ ヴィラージュ 2003
国:フランス
地域:ブルゴーニュ
生産者:ドミニク・ローラン
品種:ピノ・ノワール
購入店:ヴェリタス
価格:2880円
備考:

【外観】
色:水のように薄いガーネット
透明度:大変に高く、透き通る
粘度:弱~中

【香り】
強さ:2
コメント:花の芳香。微細で貧弱。

【味】
濃度:1
複雑さ:2
甘味:3
酸味:1
タンニン:1
アルコール感:1
余韻:1
コメント:薄く印象薄い


MEMO:
(2003年はバッドヴィンテージですね。)←訂正。 
そうと決め付けるのはおかしいですね。すみません!


そもそもスカスカで、まるで水のよう。
味も香りもまるで印象残らない。

『新樽200%』で有名なドミニク・ローランなので
期待していたのですが、残念です。くぅー

どのような料理にも中途半端で、
なかなかうまくハーモニーを奏でません。

この感じは、なんとはなしに
オアシスの3rd以降を思わせます。


以下引用。

彼は1956年、スイス国境近くの
フランシュ・コンテ地方にお菓子屋の跡取り息子として生まれました。

当初はお菓子屋を継いでお菓子造りに専念していましたが、
どういう訳か、ワインの世界にはまってしまったようです。

1989年からネゴシアン業をスタートした新興のネゴシアンです。
1995年ヴィンテージのワインに対しての
ロバート・パーカーの高評価により、世界的に認められるようになりました。

彼は新樽200%の醸造家として有名ですが、
それは「ワイン・スペクテイター」誌で
”200% NEW OAK”と評されたことが
きっかけてこの呼び方が定着しました。

それは、買い付けたワインを即座に新樽に移し変え、
約半年後にもう一度新樽に移し変えるという醸造方法を採るからです。
彼はニュイ・サン・ジョルジュの近くに4つの樽工房を所有していて、
そこでマジック・カスクと呼ばれる樽を製造しています。
樹齢250~300年のオークを、
伝統的な樽工房ですべて手作業によって造るので、
しばしば『樽のロールスロイス』とも言われます。

また彼の樽買いするワインはすべて、
樹齢の高いぶどう(ヴィエイユ ヴィーニュ)のみ
収穫量の低い、果実の成分や風味が濃縮されたものだけに限られます。
提供する農家も、ドミニク・ローランのワインになることに誇りを持っています。

そしてノンフィルター、しかもSO2の添加を
極力抑えた醸造方法を採用しています。

(http://www.rakuten.co.jp/vin2/696478/1805682/)
[PR]

  by BRILLAT | 2006-12-11 22:32 | Bourgogne

Vincent et Denis Berthaut Bourgogne Les Prielles 2003 ★★★★★

a0087921_15485238.jpg

お気に入り度:★★★★★

【基礎情報】
銘柄:ブルゴーニュ・ルージュ レ・プリエール 2003
国:フランス
地域:ブルゴーニュ
生産者:ヴァンサン・ド ニ・ベルトー
品種:ピノ・ノワール
購入店:ヴェリタス
価格:1980円
追加項目:平均樹齢20歳。

【外観】
色:枯れて落ち着いたクリムゾン
透明度:高い
粘度:中

【香り】
強さ:2
コメント:清潔な瑞々しさ、枯葉のテイスト、遠くに甘みを感じさせる

【味】
濃度:2
複雑さ:3
甘味:3
酸味:2
タンニン:5 こまやか。
アルコール感:3
余韻:5
コメント:酸味と果実味のバランス感よし。


MEMO:
内向的で、おしとやか。
古きよき日本女性。

優美で可憐。
華麗ではないが奥床しい。

繊細な魅力。


ピノらしい美しさです。


あわせたのは、3日間煮込んだ牛スネ煮込み。
豚バラのブイヨン。イイだし出てます。
a0087921_15551643.jpg

[PR]

  by BRILLAT | 2006-12-08 15:57 | Bourgogne

Bouchard-Pereetfils Bourgogne Pinot Noir 2003 ★★★★★

a0087921_234268.jpg


お気に入り度:★★★★★

【基礎情報】
銘柄:ブルゴーニュ ピノ・ノワール ラ・ヴィニェ 2003
国:フランス
地域:ブルゴーニュ
生産者:ブシャール・ペール・エ・フィス
品種:ピノ・ノワール
購入店:ヴェリタス
価格:1680円

【外観】
色:ブルゴーニュルージュ
透明度:高く艶やか
粘度:中~高

【香り】
強さ:4
コメント:艶かしさ、動物的でかつ清潔

【味】
濃度:4
複雑さ:5
甘味:4
酸味:2
タンニン:4
アルコール感:2
余韻:4
コメント:非常に甘く、複雑で繊細。エレガンス。


MEMO:
非常に美味しいブルゴーニュの典型。

色が何より美しい。

最近ブルゴーニュばかり飲んで、味を比較していますが
どれも美味しいのではあるが、コレこそ!というものはないです。

サンテニーの極上な芳香にもう一度出会いたいものです。


料理は、豚バラ肉の赤ワイン煮込み(絶品!)をあわせましたが
素晴らしいマリアージュでした。

肉と野菜を煮込み、ブイヨンとブイイに分けるというのは
フレンチの基本のようですね。
やはり鍋には奥の深さがあります。

師匠でもあるブリア・サヴァランの「美味礼讃」にも
特にブイヨン、ブイイについては記述がなされています。
[PR]

  by BRILLAT | 2006-12-06 23:11 | Bourgogne

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE