カテゴリ:Maison( 13 )

 

忘年会とワインバー“Cheers”

忘年会シーズンですね。

クリスマスから正月へと街の色彩が
ドラスティックに一変するのが面白い季節です。


昨日、僕も中学時代の忘年会に行き
旧友と懐かしい再会をして
その後、親友一人とCHEERSにいきました。


チアーズでは、久しぶりにワインの師匠に遭遇。
なかなか師匠とワイン談義ができない日々でしたが、
やっと機会に恵まれました。

親友と師匠と3人で、話も盛り上がり
結局、終電までには帰るつもりだったのに
2時半までワインを教わっていました。

そのとき飲んだワインは、まず最初に

“メオ・カミュゼのマルサネ”。(と思う

a0087921_14194878.jpg


おそらく04だと思います。
コート・ド・ニュイでもマルサネは初めてかも。

僕は、ミネラルが豊かで北方の寒い空気と大地を感じさせる
味わいが好きでしたが、親友には辛いと不評。


次が、イタリア・ピエモンテのネッビオーロ、バローロの格下げ品。

“ il Favot (イル・ファヴォット) ”

a0087921_14205068.jpg


年間8000本しか生産されないものだそうで、
グラマラスなボディ。
あたたかな日差しを感じさせる
果実の豊満な味わいで、親友にも好評。
こちらは最初のワインとうってかわって鮮やかです。

マルサネがモノクロ写真のストイックな魅力とするのなら
こちらはカラフルでヴィヴィッドな映像でしょうか。

アートとしては甲乙つけられないものです。



次が、Beauneの02。。。。(それだけじゃなんのこっちゃですよね
ピチピチとした、元気溌剌、若々しいピノ。
青々しい味わい。

まだ飲み頃にはちょっと早いのではないか、
と思いました。(良い年だけに

造り手失念。 お恥ずかしい。
困りますね、飲むと、もう記憶があいまいで。
かと言って、メモを取るのも野暮ったいのかなぁ、、、
師匠には「もっと純粋に楽しめ」と叱られそうです。

それにしても昨日は、
「おまえのワイン知識は0に等しい」
などなど厳しく師匠に叱られたなぁ、、、

時間を忘れて
とても楽しい夜を過ごすことができました。


親友も巻き添えで
帰れなかったことは言うまでもありません。
[PR]

  by BRILLAT | 2006-12-28 14:13 | Maison

Vin Vino Brule

a0087921_22262667.jpg


ヴァン・ヴィーノ・ブリュレ

このお店はまだ行ってはないのですが、
一度行ってみたいお店として以前から目をつけていました。


最初は偶然サイトを見つけたのですが、このお店のページは
本当にデザインが素晴らしく、お店の魅力をよく伝えています。

詳しく色々な情報が掲載されていて
興味をかきたてますよね。

白トリュフなどを始めとする季節のメニュー、
そして豊富なワイン。垂涎ですね。


店員?のたけおさんの「ヴァンヴィのひとり言」という
ブログもありますので興味ある方は是非。


ブログの中で、たけおさんが自己紹介で書いていらっしゃる、

「 ワインは感覚で選ぶもの。感性を磨くことの方が大切だと思います。
そのためにワインは毎日欠かさずいただきます。
権威的な事にはあまり興味はありませんが、美味しいワインを探し出し、
皆さんに楽しんでもらう、そうそれが今一番興味のあることですね。 」


というコトバに共感を覚えます。

ワインは感性です。
感性の鈍い人間はどんなに良いワインを飲んでも
おそらくただ「美味しい」というだけで、そのワインを本当に
受け止め、ときに発信・表現できないでしょう。 (未熟な僕を始め

そして、その感性は鍛えられるものだと思っています。
先天的なものというより、実際に触れることでものの良し悪しが
見えるようになってくるものだと思うのです。

ワインは知れば知るほど、奥は深く、そして広い世界。
感性を磨いた先に見える世界に期待しています。



このお店には、ワインのグラスのみの
「グラスワインコース」というものもあるようなので
まずはそこから攻めてみる予定です。


場所も大昔に良く通ったバーニーズの
目の前らしいので行きやすいです。
[PR]

  by BRILLAT | 2006-12-26 22:35 | Maison

ワインバー “ シノワ 渋谷店 ” 

 
  Merry Chiristmas!

クリスマスイブはいかがお過ごしでしたか?
僕はシノワ渋谷店でディナーを楽しみました。

名前から察せられるとおり、東洋的な内装。
バーと高級フレンチレストランがうまく調和しています。

Chinois Shibuya
a0087921_2354419.jpg


アペリティフにはシャンパーニュ。
チョイスしたのは、ドンペリニョンの99年。
軽々しくない深みのある泡です。

そして、クリスマス特別メニューの
シノワ・クリスマス・スペシャル・コースと、
マリアージュワインを頂きました。


メニューを紹介しますね。


   オマール海老とホタテ 冬野菜のテリーヌ
      枯木柚子のソース


ワインは、ソーヴィニョン・ブラン。
さわやかで清潔感溢れる酸味と、旨味。
柚子との相性は抜群。勉強になります。
初めて美味しい白を飲んだ気がします。


   フレッシュフォアグラと青森産リンゴのソテー
      蜂蜜風味のシェリーヴィネガーソース


ワインは、ソーテルヌ。その甘みとフォアグラのマリアージュ。
とろりととろけるフォアグラを甘い蜂蜜風の貴腐ワインが包み込む。
これは決して忘れられない最高の味わい。余韻も良い。

僕の2006年、最高のマリアージュでしょう。


   房州産アンコウのムニエル
      下仁田ネギと紅心大根のブレゼ添え ブールブランソース


ワインは、最初はソムリエンヌは白を考えていたようですが、
赤でも大丈夫とのことなので、赤を。

頂いたのは、ピノ・ノワール。
シャンボール・ミュジニーの2001年。
繊細で華麗。優雅。 土の香り。ピノ好きを裏切らない。
造り手は残念なことに失念してしまいました。


   前沢牛のローストビーフ グレイビーソース

ワインは、ボルドー。シャトー・グロリア1996。
サンジュリアンのワインです。
これは本当に美味しく記憶に残る、ワインでした。
格付けシャトーでないため価格は安く、かつ美味しいと
紹介を受けましたが、キノコのような香りを持ち、
ボディも無理に重々しくなくピノ・ノワール好きの方に
受けの良いワインなのではないでしょうか。
僕は、買って帰りたいほどでした。


   木苺のパルフェ ホワイトチョコレートのエスプーマソース

ワインは、トカイ。
これも華やかで溢れるような誇るような甘味が幸福な味わい。

デザートに甘いもの(砂糖)は苦手でしたが、木苺と白くネットリとした
ホワイトチョコレートは締めくくりに相応しい気品がありました。


最高の料理、ワイン、そしてサービス。
このお店は掛け値なしにオススメでしょう。

隠れ家のようなのも良い。
今度はバーカウンターに座ってみたいものです。

a0087921_0224292.jpg


(それにしてもこういうお店で料理の写真というのは
 気がひけるもので、撮れませんね)
[PR]

  by BRILLAT | 2006-12-25 00:00 | Maison

ワインバー “繭”

a0087921_1404218.jpg


繭というワインバーに行ってきました。

コースとワインボトル一本(サービス)、
グラスを二つ追加して、牡蠣×2追加で
二人で1万5千円くらい。

最初に牡蠣と、シャンパーニュ。
オードブル、魚、肉という流れ。
それぞれに盛り付けも味も申し分なし。

特別美味というわけではないけれど、
納得の味わいです。

ワイングラスはペルルを使用していました。

サービスの赤ワインは
南フランスのカベルネソーヴィニョン。

あたたかな日差しを感じる色、香り、
甘みの強い果実味溢れる味わい。


この店の注目すべきは、内装に在ります。

繭の中の半個室。

これが異空間・別世界で
不思議な雰囲気を醸造しています。

Gyaoの映像

↑店の雰囲気わかりますでしょうか。
何かの「巣」という表現が相応しいかもしれませんね。むしろ。



ワインバーは色々と行きますが、
このお店は是非また行ってみたいお店のひとつです。

次はカウンターでワインをじっくり味わってみたい。
[PR]

  by BRILLAT | 2006-12-19 01:40 | Maison

メゾンカイザー & ヴィノスやまざき 池袋

今日はヴィノスの池袋に潜入。
向かいにあるメゾンカイザーで持込でワインとパンを楽しめます。


今回は、エルヴェ・ラロックさんのセカンドと
サラダを注文。

a0087921_1151866.jpg

a0087921_1153059.jpg


大変盛り付けも素晴らしく
プレートも美しかった。

ただ、ワインのグラスがいまいちで、
せっかくのワインが美味しく味わえないのが難点。

そこもやまざきとコラボレートして欲しいところ。
[PR]

  by BRILLAT | 2006-12-14 01:18 | Maison

AU VIEUX PARIS(オーヴィユパリ)

一度行ってみたいフレンチレストランがあります。

それがコチラ↓

AU VIEUX PARIS (オーヴィユパリ)

a0087921_1361138.jpg


肩肘張らないフランスの家庭料理を
ビストロで出すって素晴らしいです。

場所も3丁目なので行きやすく
チャンスさえあれば行ける所にあります。

フレンチがもっとリーズナブルで
身近になったら良いですよね。
[PR]

  by BRILLAT | 2006-12-09 13:07 | Maison

Cheers Wine Bar で親友たちと・・・

友人がワインデビュー。

いままで「飲まず嫌い」でワインを
本当には味わったことが無かったようです。

一般的なFC居酒屋やファミレスでしかワインを
飲んだことのない人は自称ワイン嫌いが多いですが、
冷蔵庫から出した味のしない
頭痛を引き起こすワインでは仕方がないとしか言えませんね。


3人でソファに座り
最初にひとりづつグラスで赤を注文。

初めての友人はブルゴーニュの華やかで軽やかなものを、
もうひとりはボルドーの濃厚なものを、
僕は特別に御願いしてネッビオーロ主体のものを注文。

その後、3人でボトルをあけました。
リーズナブルな価格でボルドーの

シャトー・シザック 2002
Chateau Cissac 2002

a0087921_14154923.jpg


を注文。
デキャンタージュしてから頂きました。


非常に典型的なボルドーの味。
★で言うと4つくらいでしょうか。

いかにもカベルネ・ソーヴィニョンとメルローが
自然に合わさった優等生。

可も無く不可もなし。
美味しい。

でも記憶には残らない。そんな感じ。

a0087921_14234447.jpg


以前よりも、グラスのデザインの違いがわかるようになって
ツヴィーゼルのトップテンだったり、リーデルだったり
とても美しく、グラスで頼むのが楽しくなりました。

ソムリエも親切で、店の雰囲気も心地よい。

また近いうちにいきたいワインバーです。
[PR]

  by BRILLAT | 2006-12-02 14:27 | Maison

久しぶりにヤマザキでグラスワインを・・・

隙間時間ができたので
久しぶりにヴィノスヤマザキにいき、
ワインを数種類、グラスで頂きました。

頂いたワインを以下に列挙。


①  Chateau Herve-Laroque 1999

フランス、ボルドーのエルヴェさんのセカンドワインです。
テイスティンググラスでも豊かに香りましたが、
他のワインの魅力のほうが強く、印象は薄くなりました。


②  Gugliemo Sangiovese Private Reserve 2004

a0087921_0312354.jpg


カリフォルニアでつくる、サンジョベーゼ。
甘ったるくて、生々しい。
最早フルーティというより、ジャミーなねっとりとした味わい。

初恋の甘さを、ジュースにして酒に醸造したら、
おそらくこのようにネットリしたワインになるでしょう。


③  Chateau de Pennautier L'Esprit de Pennautier 2000

a0087921_0314630.jpg


フランス、ラングドック。ムートンの樽で醸造。メルロー&シラー。
濃厚な味わいと高貴で繊細な貴族的な香りがします。


それぞれの評価はできませんが、
もう一回飲んでみて評価をするつもりです。。。
[PR]

  by BRILLAT | 2006-11-29 00:32 | Maison

Cheers Wine Bar

Cheers というワインバーでディナーにいき、
大変美味しい料理とワインをこころゆくまで楽しみました。
a0087921_1365154.jpg

最高のフレンチと、最高の空間、最高の相手と、最高のワイン。

とある友人に対して御礼の意味も込めての食事のお誘いでした。
(なんと一ヶ月以上前から約束してようやくスケジュールが合った!)


最初に二人でシャンパーニュで乾杯をして、その後
僕はブルゴーニュのピノから、シラーメルローという流れ。

料理はフォアグラのテリーヌ牛ほほ肉の赤ワイン煮込みを頂きました。
フォアグラが絶品で、まさに今年最高に美味しいマリアージュ。

デザートは、ウォッシュと白カビのチーズ。
白カビはローヌ地方のだそうです。

友人はドイツのリースリングからメルローへ。
「初めて白ワインで美味しいものに出会えた」と感動してくれて
まだ白で美味しいものに出会っていないので少し羨ましかったw

出していただいたワインはどれも葡萄の品種に忠実な
“いかにも”という色、味、香り。
それぞれの特徴が良く出ていて秀逸な出来でした。
ソムリエの女性の方に感謝しています。

グラスは、ピノはツヴィーゼルのトップテンでアヴァンギャルドな形が
カッコよかった。俺も欲しいグラスの一つ。
その後はリーデルか、別のグラスでした。

レストランの雰囲気も隠れ家的で素晴らしい。
値段さえどうにか成れば、もっといきたいです。


というかむしろ、ああいう空間を創り、
美味しい食事と、美味しいワイン、そして最高のサービスで
人をもてなす側になりたいものです。
[PR]

  by BRILLAT | 2006-11-22 13:07 | Maison

ヤマザキのボジョレ・ヌーボー・パーティ

11月17日。

友人とVINOSヤマザキのパーティに参加してきました。

50人くらいでワインを乾杯し、大いに祭りを愉しみました。

蔵元のフランス人が来ていたのが印象的。


ボージョレ・ヌーボーはやっぱりみんなで愉しむものだと実感。
[PR]

  by BRILLAT | 2006-11-18 20:28 | Maison

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE