カテゴリ:Gateaux( 11 )

 

SWEETSについて

今日は番外編です。

先日、ブリヤから情報をもらって情熱大陸を見ました。
フランスで開かれたクープドモンドというスイーツの世界大会での
日本人パティシエを追ったドキュメントでした。

参加された3人のパティシエは
それぞれホテルでシェフパティシエをされており、
国内の予選を勝ち抜いての参加だそうです。


クープドモンド 


日本が16年ぶり(・・・定かではないですが)くらいに優勝です。

アウェイで開かれた、しかもフランスで開かれたスイーツの大会で
日本が優勝するなんて嬉しいですね!

この大会では過去に、辻口さんが個人的に優勝されているそうです。

紹介までに、この間のとは別の
辻口さんのケーキです ↓ ↓ ↓

a0087921_23564236.jpg


a0087921_2357451.jpg


スイーツの魅力は、味もさることながら
視覚から得られる部分が大きいと思います。

もちろん、家庭的な素朴さで、
でも家庭では出せない味を作り出しているお店もありますが、
スイーツはあの見た目があってこそだと思います。


いうなれば、食べるアート。


これを食べてしまっていいのだろうか、
食べるのがもったいない、

と思わせることができるかどうか。


スイーツは、作品を作り上げるための材料が
たまたま食材であったために食べることができるアートです。


私はスイーツには、
魅せるスイーツ ・ 見せるスイーツ ・ 食べるスイーツ
があると考えています。

魅せるスイーツ
大会などで作り上げる、飴細工やチョコレートを用いた
アート作品としてのケーキ。

見せるスイーツ
見た目に美味しい、食べても美味しいケーキ。
食べたい!と強く思わせるケーキですね。

食べるスイーツは、
素朴さの中にもパティシエのこだわりを感じることの出来るケーキです。


日本は和洋折衷でなんでもありの中で、
世界大会などで日本独自の食材を使うことが出来るのは得ですね。

世界の食材を利用しながらも、日本を生かす。

スイーツに国境はない!


いつか、お菓子の家に住みたいです。


posted by CAREME
[PR]

  by BRILLAT | 2007-02-13 23:32 | Gateaux

赤坂見附 しろたえ

スリーズフロマージュブラン

a0087921_1201958.jpg

見た目に、春を先取りしたようなさくらんぼスイーツです。

上の部分は、さくらんぼのゼリーになっていて、
真ん中がムースです。ムースにはさくらんぼがはさまれています。


スポンジはキメが荒く、軽い口当たりになっています。

さくらんぼのケーキって珍しくないですか?

珍しさに、即決でした。

最近では、好きな類のケーキではなく、
珍しさや季節感のあるケーキを選ぶようにしています。
定番のものはいつでも食べられますからね。

そこにしかない、今しかないものを求めるようにします。
そうすることで、スイーツを感じる幅を広げるのです。


しろたえの代表作はこちら ↓ ↓ ↓
a0087921_1391084.jpg

左:レアチーズケーキ  右:シュークリーム

小ぶりであっさりいただけるので、
手土産として一度に沢山買い求めるサラリーマン姿をよく目にします。


ショップデータ:

しろたえ / 川越 盛一郎

http://www.ocn.ne.jp/gourmet/sweets/20050512.html

所在地 東京都港区赤坂4-1-4

● 最寄り駅 赤坂見附徒歩2分 永田町徒歩4分 赤坂徒歩8分
● TEL 03-3586-9039
● 営業時間 10:30~20:30(2階喫茶は20:00LO)
● 定休日 日曜日

posted by CAREME
[PR]

  by BRILLAT | 2007-02-11 01:54 | Gateaux

赤坂 mi-colle

是非、BRILLATを連れて行きたいお店です。
なぜなら、


 ‘もはやチーズそのものなチーズケーキ’ 


に合わせたワインを出しているからです。


ロックフォール
a0087921_112072.jpg


これは青カビのチーズケーキです。

甘さが先にくるのですが、
後から襲う青カビの味は強烈です。
もはやチーズケーキではなく、チーズそのものです。
それでも、下のクッキーの部分に甘さがあるので、
この部分と口にすれば、不思議と程よい甘さとチーズの味を楽しめます。


なぜチーズをそのまま出さずに、あえてチーズケーキにしたのか、
大きな疑問を残してお店を後にしました。

ちなみに、材料の90%がチーズだそうです。


ここではもう一つ

キャラメルポワ-ル をいただきました

a0087921_181563.jpg


上のチョコレートの部分は、若干粘性を帯びていました。
そのおかげで全ての層と絡み、各層の味を引き立てていました。
一番下には洋ナシがあるのですが、これがまた洋酒が強く、
全体的に大人をイメージさせるケーキでした。



紹介までに友人が食べたチーズケーキ

リコッタ&ピンクペッパー

a0087921_1153447.jpg


ミコレでは、常時6種類のチーズケーキを用意し、
これに合わせてワインとのセットがメニューの一つに入っています。
チーズケーキに使用されているチーズは、
リコッタ、青カビ、カマンベール、クリームチーズです。

ケーキ屋というよりは、喫茶ですね。


ワインの好きな方に向いているお店だと思います。
そういった点で、まさにこのブログに向いているお店です。


ショップデータ:

赤坂ミコレ / ‐‐‐‐‐‐

http://www.akasaka-mi-colle.com/

所在地 東京都港区赤坂3-6-10

● 最寄駅 千代田線赤坂駅2番出口徒歩2分
● TEL  03-3583-5337
● 営業時間 AM11:00~PM11:00(テイクアウトは~AM0:00)
         土曜日は ~PM5:30
● 定休日 日曜祭日


posted by CAREME
[PR]

  by BRILLAT | 2007-02-09 01:27 | Gateaux

自由が丘 モンサンクレール

タルトフリュイ

a0087921_0353625.jpg


彦麿呂の言葉を借りるならば

「 ケーキの宝船や~~ 」

ですね。

フルーツの輝きが目を引く、美しい仕上がりです。

タルトの部分はショコラ生地になっています。
ショコラなのですが、甘さよりも ‘焼き’ を感じる味でした。
フルーツの酸味がとてもさわやかで、
午後のゆっくりとした時間に最適です。
フルーツ特有の酸味と甘みがこのタルトを作り上げています。


小さな宝船は、予想をはるかに超える大きな幸せを運んでくれました。

参考までに、友人の食べたケーキの紹介です。

ガレットフレーズ
a0087921_0473755.jpg

バターたっぷりのタルト生地に、いちごがのっていて、
いちごの奥にはチーズクリームのような
さっぱりとしているなかにコクのあるクリームが隠れていました。


ショコラプランス
a0087921_0482121.jpg

こちらもショコラタルトでした。上はチョコレートムースですね。


モンサンクレールへ足を運ぶの2度目です。
どちらも3時近くに行ったため、ショーケースの中は、売り切れごめん!状態でした。
前回は本当に数種類しかなく、しかも並んでいたため、
次々無くなっていってしまい、残された選択肢がわずかでした。

今回は、前回よりも若干多かったものの、
やはり目当てとしているケーキにはまだお目見えしていません。

次回は、オープンに合わせて行きたいと思います。


ショップデータ:

モンサンクレール / 辻口博啓 スイーツブームの先駆け的存在

http://www.ms-clair.co.jp/


所在地 東京都目黒区自由ヶ丘2-22-4

● 最寄り駅 東急東横線自由が丘から徒歩 10分
● TEL 03-3718-5200
● 営業時間 11:00~17:30(ラストオーダー)
● 定休日 不定休 随時HPに掲載


posted by CAREME
[PR]

  by BRILLAT | 2007-02-04 01:00 | Gateaux

池尻大橋 LA TERRE洋菓子店

ピーナッツショコラ

a0087921_2245262.jpg


私にとって一つのケーキを選ぶことは

 ‘勝負’ 

です。なので、いつも時間をかけじっくり吟味します。
初めてのお店では特に、
ショーケースにぴったりとくっつき、
生地や使用しているフルーツの産地などを
店員さんに聞いたうえで、どれにしようか決めています。

しかし、このケーキにいたっては
ピーナッツを前面に出しているところが珍しく感じ、
衝動買いたしました。

その名の通り、

口に入れた瞬間、ピーナッツの味が広がってきました。
しかも、口に入れると味だけではなく、
ピーナッツの香りまで広がってくるのです。
一口の中で、味と香りは
全く別の領域から攻めてきました。


ピーナッツとチョコレートのナイスコラボでしたね。

ピーナッツバターとはまた違い、
先にピーナツの味がきて、
その後をチョコレートが追ってくるといった感じです。


LA TERREでは、ケーキのほかに、
パンやレストラン、カフェなどもやっています。
まだ洋菓子店のみのときにしか足を運んだことがないので分かりませんが、
住所から察するにどれもほど遠くない場所にお店がまとまっているので、
一度に何度も美味しいお店ですよね!


いつもじっくり選ぶ私に、一つ残念なことがあります。
それは、案外、質問に答えられない店員さんが多いということです。
何か質問すると、
「今、中の者に聞いてまいりますので少々お待ちください」
との返事をいただきます。
自分が販売している商品の特徴くらい覚えて欲しいと思います。


ショップデータ:

LA TERRE洋菓子店 / -----

http://www.laterre.com/patisserie/

所在地 東京都世田谷区池尻3-27-10

● 最寄り駅 東急田園都市線池尻大橋駅より徒歩8分
● TEL 03-5486-5489
● 営業時間 AM10:00~PM20:00
● 定休日 水曜日


posted by CAREME
[PR]

  by BRILLAT | 2007-02-03 23:04 | Gateaux

駒沢大学 ペパーミントムーン

タルトレット

a0087921_23562997.jpg


女性ならではの優しさが溢れる、家庭的な味です。

ただ、私としては生クリームが甘すぎました。
苺と食べると程よいのですが、
もう少し、甘さが控えめでも良かったかと思います。
生クリームが大好きだったり、
しっかりした味で食べたい人に向いています。

女性パティシエが作る、このお店。
お店もこじんまりとしており、入りやすく親しみやすいです。
ここは、早稲栗を使用した白いモンブランが有名です。

それがこちら ↓ ↓ ↓

早稲栗のモンブラン

a0087921_0172931.jpg



私は、ショートケーキをそのお店のものさしにするのが
一番分かりやすいと考えています。

ショコラティエが作るショコラケーキや
タルト専門店だったらともかく、
パティシエのこだわりを一番感じられる部分は
生クリームだと思うからです。

生クリームは、脂肪分や砂糖の加減で全く異なってきます。
特に、脂肪分は生クリームの美味しさを左右します。

生クリームで「普通」を感じてしまうようでは
他に手を出す気になれません。

こだわるパティシエの方は牛からこだわるのでしょうね。
さすがプロ。個人ではそんなこと出来ません。

おいしい、それ以上の味わいが感じられないと
リピートしようとは到底思えません。

おいしいって一番底辺の、
当たりまえの部分ですからね。


ショップデータ:

ペパーミントムーン / -----
http://www.enjoytokyo.jp/OD003Detail.html?SPOT_ID=s_13015478

所在地 〒154-0012 世田谷区駒沢5-17-13

● 最寄り駅 駒澤大学徒歩10分
● TEL 03-3705-4749
● 営業時間 10:00~20:00/通年
● 定休日 無し


posted by CAREME
[PR]

  by BRILLAT | 2007-01-30 00:18 | Gateaux

メゾンカイザー

a0087921_23201055.jpg


私がこちらのケーキを購入しましたのは、
渋谷東急フードショーのジス・ウィークです。
最後のショップデータでは、池袋店を紹介させていただきます。

右 フランス産のクリームチーズスフレ

チーズスフレ、というだけあって
生地のふんわりさは目を見張るものがありました。

メレンゲの泡立ておよび混ぜ方がさすがプロですね。

実際に自分でケーキを作る時、
メレンゲの混ぜ方が一番難しいです。
どれだけ良いメレンゲに仕上げても、
混ぜ方一つで全て水の泡になってしまいます。

口に入れると、
生地に残っているメレンゲの気泡が
潰れているのが分かるようでした。

チーズの味もしっかりとしていて、
チーズケーキは重いと思われる方でも軽くいただけます。
口当たりが優しい仕上がりになっています。


こうゆうケーキにはワインに合うのではないでしょうか。
このブログに携わりながら、
未だワインとスイ―ツの組み合わせを体験したことがないので、
まだスイーツに関してしか意見を言うことが出来ませんが・・・。


左 洋ナシとオレンジのタルト

さすが、パンを扱っているお店のスイーツだと感じました。

タルト生地がサックリしながらも、
細かくなった生地からはさらさら感を感じ取ることが出来、
粉にこだわっているんだろうなーと思わせるタルトでした。


通常、スイーツを専門にしているお店のタルト生地では、
バターがたっぷりと使用されており、
サックリの中にしっとりした感じがあります。

しかし、メゾンカイザーのタルトではしっとり感はありませんでした。
例えるなら、湘南の砂浜(スイーツ専門店のタルト)と
沖縄の砂浜(メゾンカイザーのタルト)ですね。(分かりにくい・・・

パンを専門に扱っていると、粉へのこだわりを感じることが出来、
スイーツ専門店とはまた違った楽しみがあります。


ショップデータ:

メゾンカイザー池袋店 /-----
http://www.maisonkayser.co.jp/index.htm

所在地 東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ アルパ1F

● 最寄り駅 各線池袋駅
● TEL 03‐3980‐8880
● 営業時間 〈平日〉shop 7:30~21:00 cafe&bar 11:00~23:00
〈日祭日〉shop 10:00~21:00 cafe&bar 11:00~22:00
● 定休日 -----


posted by CAREME
[PR]

  by BRILLAT | 2007-01-27 23:51 | Gateaux

松屋銀座 Oui Mikuni

本日はデパ地下スイーツです。

a0087921_23464332.jpg

右 フロマージュブランいちご

クリームチーズの中に、
イチゴのジュレが入っていました。
甘さは、上にかかっていたシュガーパウダーのみですね。
上に乗っているイチゴには、ホワイトチョコがコーティングしてあり、
いちごの酸味ととても良くあっていました。


もう少し、いちごの旬になったら、
より一層おいしいのではないでしょうか。
軽い感じで頂くことができます。


左 シャン・ドゥ・ポワール

シュー生地のなかに、
コンポートした洋ナシが入っています。


個人的に、今洋ナシがブームです。
旬から少しはずれてますが・・・。

上の部分が、シュガーを焦がしてあるので甘いですが、
中のカスタードクリームの甘さが少なく、
絶妙な甘さのバランスです。


ただ、シュー生地よりもタルト生地の方が
洋ナシのやわらかい食感の中に、
サクッとした食感を出すことが出来るので向いているのではないでしょうか。

一度に、いくつかの食感と味を楽しめるのは
スイーツの醍醐味だと思っています。


ショップデータ:
Oui Mikuni 銀座松屋店 / 三國清三

http://www.matsuya.com/ginza/storeguide/index.html (松屋銀座)

http://www.oui-mikuni.co.jp/cgi-local/top/index.cgi 
(Oui Mikuni group web site)


所在地 東京都中央区銀座3-6-1 松屋銀座B1F

● 最寄り駅 東京メトロ銀座線、丸ノ内線、日比谷線
  「銀座駅」A12番出口直結」

  東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」
  9番出口より徒歩3分

  都営地下鉄浅草線「東銀座駅」
  A8番出口より徒歩3分

  JR「有楽町駅」より徒歩8分

● TEL 03-3567-1211(代表)
● 営業時間 10:00~20:00
● 定休日 火曜日(不定休)

Mikuni group のお店は、国内外に沢山あります。
Oui Mikuni group web siteで是非お近くのお店をお探しください。


posted by CAREME
[PR]

  by BRILLAT | 2007-01-26 00:09 | Gateaux

自由が丘 PARIS SEVEILE

ミゼラブル
a0087921_0284611.jpg


スポンジでバタークリームをはさみ、
上にはマカロンとオレンジでデコレーションされています。

このマカロンも、ほんのりオレンジ風味で、
バタークリームにもオレンジの皮が
練りこまれていたような気がします。

(・・・うろ覚えですみません)

マカロンがサックリと軽い食感で、
スポンジもふんわりというよりはしっかりとしており、
バタークリームににオレンジの皮が練りこまれていることで、
食感のバランスが良かったです。


バタークリームなので、
甘さは控えめですが少しくどいですね。

パティスリーによってケーキの大きさはさまざまですが、
ここのケーキは大きい方だと思います。

そのためか、余計にバタークリームのくどさが目立ってしまいます。

濃厚な味を求めている人には向いてると思いますが、
バタークリームを使用したケーキを食べると
それだけで十分になってしまうので、
少しもったいない気がします。

ケーキは、「また食べたい!」と思わせるくらいでないと。

ケーキを食べて、「結構お腹にくるね・・・」なんてようでは、
ケーキの “美” の部分が損なわれてしまっています。

PARIS SEVEILEはショコラの美味しいお店ともいわれています。
参考までに、友人の食べていたケーキの写真を載せておきます。

テアトル 
中がチョコレートムースになっています。

a0087921_17321.jpg


ムッシュ・アルノー 

とてもサックリとした生地にアーモンドの入った
チョコレートクリームだったような・・・。

a0087921_183061.jpg



ショップデータ:

PARIS SEVEILE / 金子美明
http://www.unimat-caravan.com/cr/paris/index.html

所在地 東京都目黒区自由が丘2-14-5 館山ビル1F

● 最寄り駅 東横線・自由が丘駅徒歩5分
● TEL. 03-5731-3230
● 営業時間: 10:00~20:00
● 定休日: 無休


posted by CAREME
[PR]

  by BRILLAT | 2007-01-25 00:51 | Gateaux

世田谷 Fraoula

ショートケーキ
a0087921_073116.jpg


写真で伝わっているでしょうか?
スポンジ部分のしっとりさ。

テーブルに運ばれてきた瞬間、生地のしっとりさに目を奪われました。

よく、「生地がしっとりしている」という表現を用いて
ケーキの良さを伝えますが、しっとりしている感覚は
口に入れて初めて分かるものがほとんどです。
食べてみないと、見ている分には
どのような感じの生地に焼きあがっているのか分かりません。

しかし、このショートケーキ(お店で提供している名前が、
そのまま'ショートケーキ'なのです)は、見ただけで
生地の質感が一目瞭然でした。

さらにキメもとても細かいです。卵の量が違うのでしょうか。
しっとりしているこの生地は、他店のスポンジと比較すると
少し黄色みががっていました。

しっとりしているため、ふんわりした感覚もとても優しく感じられ、
上品で落ち着いた感じになっています。


それに見た目もかわいいですよね。
ケーキというのは、食べる以前にアートだと考えています。
この見た目には女心をくすぐりますね。

さらにこのお店では、テイクアウトのラッピングがとてもかわいいのです。
普通ならケーキ用の四角い箱に入れ、
紙かビニールの手提げで手渡されますが、フラウラでは、
丸い形(フタなし)で、ピンクのセロファンのようなものでくるんでくれるのです。
持ち歩いている間もケーキを見ることが出来るので、
幸せな気分が何倍にもなれます。
ただ、満員電車は避けた方がいいですね。

ショップデータ:

フラウラ / 桜井修一
http://www.gateaux.or.jp/g/member/goods/0007.htm

● 場所 〒154-0017 東京都世田谷区世田谷1-14-17
● 最寄り駅 東急世田谷線世田谷駅から徒歩3分
● TEL.03-5451-0015 / FAX.03-5450-2215
● 営業時間:10:00~20:00
● 定休日 水曜日



posted by CAREME (カレーム)
[PR]

  by BRILLAT | 2007-01-24 00:26 | Gateaux

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE