カテゴリ:etc...( 15 )

 

マリー・アントワネットとマリリン・モンロー

a0087921_12195875.jpg


マリー・アントワネットの香水の実物写真です。

『M.A. Sillage de la Reine (王妃の香り)』は
2005年調香師フランシス・クルクジャンによって作りあげられました。
『マリー=アントワネットの調香師、ジャン=ルイ・ファルジョン』
(共同出版 Perrin/Château de Versailles) の著者
エリザベット・ド・フェイドーは執筆にあたり、
当時の文献にまで遡って研究を重ねてきましたが、
この香水はそれら史料・文献に基づいて忠実に再現されたものです。

エリザベット・ド・フェイドーはこの作品の執筆中に、
当時の香水の請求書を見つけたことから、
マリー=アントワネットの好みを探り、
王妃の愛した香りの共通点を割り出すことができました。
それは凡庸ならざる香りなのです。
以来、マリー=アントワネットの香水はごく自然に
『M.A. Sillage de la Reine (王妃の香り)』と呼ばれることとなりました。

フランシス・クルクジャンは香水の解明に心を砕いていましたが、
天然の素材に« 香水のエスプリ » を加えてみることにしました。
ジャスミン、チュベローズ、オレンジの花のアクセントをつけると
バラとアイリスに力強さが出てくるのです。
ヒマラヤスギや白檀のウッディな香りをほんの少し加えるだけで
ガラリと趣きが代わります。
仕上げには2種類のラスト・ノート、ムスクと貴重なグレイ・アンバー。


(画像、記事はコチラ


ロイヤルな雰囲気溢れる、気品ある色の使い方ですね。
彼女のMAのエンブレムがケースに刻印されているのも
なんとも心をくすぐられますし、
現代的な解釈が加えられたデザインなども僕の好みです。
バカラのガラス製のも画像見てみたいですね。



CHANEL No.5 で有名なマリリン・モンローの
香水も発売されているみたいなので合わせて紹介。
a0087921_1243876.jpg

華やかでラグジュアリー。
銀幕のビューティのイメージにいかにも適ったものです。




この二人ってよく似ていると想うのです。
エレガンスの頂点にあったことと
そして

“誤解” されていたという点が。



posted by BRILLAT
[PR]

  by BRILLAT | 2007-02-02 12:27 | etc...

「ガストロミーとワインのエレガンス」についてのお知らせ

「ガストロノミーとワインのエレガンス」について
お知らせです。

このブログは今後二人で
記事を書いてゆくことになりました。


ワインと同じく、“ガストロノミー” 美しく食べる術、
美、エレガンスを、砂漠で渇したものが水を求めるかのごとくに
果てしなく追求してゆくことで名高い、スウィーツの分野を
扱ってゆくつもりです。


お互いに初心者ではありますが、
今後とも宜しく御願い致します。
[PR]

  by BRILLAT | 2007-01-23 01:15 | etc...

気が付くと、もう06も終わり

友人にちょっとした吉事があり、その記念に
食事をすることになったので、かねて念願の、
AU VIEUX PARIS(オーヴィユパリ)に行ってきました。

a0087921_20385824.jpg


家庭的で肩肘を張らずにフレンチを楽しめる良いレストランでした。
特に、料理が僕の大好きなブルゴーニュ風であることと、
店員のフランス人(?)のおじさんのダンディズムに溢れた
雰囲気がとても良い。

あたたかで、飾りつけや装飾でなく、実質で勝負する姿
(フレンチよりイタリアンの意気込みに近いですね)に、
いつものフレンチと違う“新鮮味”を感じました。

店内はビストロの雰囲気そのもので、
微妙なオシャレ加減、気の抜け方が興味深い。

ひとつ残念なのはワインで、ブルゴーニュ風なら
エレガンスなブルゴーニュのワインがほしかったなぁ。。。

このレストランは是非また行きたいです。
手頃な値段でフレンチを楽しみたい方にとてもオススメです。

(なんと一人あたり2500円でした!)



そして次に、こちらもまた念願の
Vin Vino Brule(ヴァン・ヴィーノ・ブリュレ)にてワインを
愉しみました。

三種類のワインのコースと、チーズ(二種)を注文。
3種類は、泡、白、赤という順番で、チーズとのマリアージュも良い。

ボトルを一本追加して、終電までゆっくりと語らいました。


店内はなかなか雰囲気のある感じで、
オシャレなコルクやボトルの装飾が洒落ていましたが、
店員さんのワインの説明などが、かなり
そっけないものであったことが残念でした。
また、値段も結構高めに感じました。

レビューに関しては、こちらが的を得ているように思います。


これからも僕のホームタウンである渋谷を中心に
色々と東京のワインバーやフレンチを探訪してみたいものです。



画像はお借りしています。
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtlphoto/13005555/
[PR]

  by BRILLAT | 2006-12-30 20:46 | etc...

Eve.Eve.

明日は遂にクリスマス・イブですね。
フレンチレストランが大賑わいのシーズンです。

普段行かない人も突然フレンチに行くようです。
ノエル×中華とか ノエル×イタリアンとか やっぱり
ムードやロマンティシズムが足りないのでしょうね。

少しワインを休んでいましたが
明日は僕もフレンチを予約しました。


さて。
今日はちょっと気になるページのご紹介。


ほっと四国 Guide du Vin - ワインのあるくらし


なぜか四国のページですが、ワインのことが分かりやすく
説明されてて良質のページです。

ソムリエの方々のユーモアが面白いです。

一番笑えたのは、ピノの項に


「ピノ・ノワールで造られた赤ワインにはまった人達は,
それこそ 『 ピノ ,ピノ 』 と言いながらこの地域の
ワインばかり飲むことが多い」



という部分。もはや中毒、禁断症状の世界です。

が、

良く考えれば
かくいう僕自身がピノ・ジャンキーでした。


世界銘酒紀行


このページはワインを始め様々な酒をビデオで見られるのが
大変良いです。

オススメはブルゴーニュの2。
ブルゴーニュのバン・ブルギニョンとか
日本の酔っ払いの歌みたいです(僕も一度ヤマザキでうたったことが。。。

フロマージュ(チーズ)のところでは
僕の2年前から大好きなエポワスが出てきます。

あと、醸造過程で葡萄を裸足でふみふみしている、
見る人によっては驚きの映像も見られます。

ぼくは下半身(裸?パンツ?)を全部沈めて
ふみふみしている写真をみたのがショッキーでしたが。


卒論が期限より大幅に早く終了しました。
気持ちよくクリスマスに望めるかと思いきや
一方で内定先の研修課題の期限ギリギリ、ノータッチというピンチ。
頭痛と胃痛の種は尽きません。

。。。年末も頑張ります。
[PR]

  by BRILLAT | 2006-12-23 14:30 | etc...

THE GEORGIAN CLUB

a0087921_281835.jpg


一度訪れてみたいお店にザ・ジョージアン・クラブがあります。


素晴らしい内装とサービスのエレガンス。


細部に至るまでの美へのこだわり。


食"空間"としてこれ以上のものがあるでしょうか。


ブリア・サヴァランは、


「 禽獣は喰らい、人間は食べる 」 


と言いましたが

それは周囲の人との会話、インテリア、食器...etcも含めた

"空間"を愉しむか否かにあると思うのです。
[PR]

  by BRILLAT | 2006-12-13 02:20 | etc...

フレンチの美しさ

フレンチの優越性は、
その美の追求と体系化にあると思います。


テーブルもアートであり、
皿は白いキャンバスで、
シェフがそこに絵を描くように料理を作る。

美の追求。


そして、ワインやコースのように体系化したり、
形而上的・学問的なところまで昇華させている。

美の体系化。


その高みに達した文化に強く魅かれます。

もちろんガストロノミーのみならず、音楽や服飾など芸術一般も、です。



おそらくこのブログを将来見て
恥ずかしくなるときが来ると思うのです。

それでも価値があると確信して、書き続けてみます。
[PR]

  by BRILLAT | 2006-12-10 14:05 | etc...

ワインのネットでの共同購入

ワインをネットで購入する機会が

最近とみに増えたのですが、

「共同購入」

というのは素晴らしい仕組みですね。


みんなで力を合わせれば、
相当に価格を抑えることができる。

不特定多数社会の
インターネットならではのシステム。

いままで余りそういった仕組みを
利用したことが無かったので勉強になります。。。
[PR]

  by BRILLAT | 2006-11-30 14:45 | etc...

ワイン評価、ワイン規範

お気に入り度の評価目安をこの機会に整理します。

これらの評価は、香り、甘み、酸味、
タンニン、ボディー、余韻
などの複数項目に鑑み、
僕自身の体調や味覚の調子も含んでの判断です。
(ボトル差もありますのでご注意!)

そして何よりも、僕はワイン自体のもつ
 「美しさ」 を如何に発散しているかを重視しています。



★・・・好みではないワイン
★★・・・一度飲めば十分なワイン
★★★・・・一定レベルのワイン
★★★★・・・美味しいワイン
★★★★★・・・完成度の高い味と香りを持つ美味しいワイン
★★★★★★・・・記憶に残り、魅了されるワイン
★★★★★★★・・・その魅力に感動さえ呼び覚まされるワイン

( ★がこれ以上のワインには、いまだ出会っていませんが
  おそらく、もっと美味しいワインもあるはず)



外観や、香り、味など(とくに色は微妙です)は
個人的で感覚的なものなので、
本当に絶対的な評価ではないですけどねw

相対的なものとしてならば、★に関しては
今のところキチンと評価できていると思います。


また、ワインに関して規範をつくります。


①  4000円の壁

ワインはなるべく安く。だいたいは1000-3000円。
なるべく1000円に近いほど良い。


②  二日一瓶

一日で飲み終わらない。二日かけてじっくりと飲む。


③  酔うべからず

酔ったらコメントができない。
あくまでしたいのは勉強であって
知識と味覚の習得なので必要に応じてワインを吐き出す。


④  健康第一

健全な魂は健全な肉体に宿る。
健全な味覚も健全な肉体あってのもの。
深酒はしないよう戒める。
[PR]

  by BRILLAT | 2006-11-27 22:27 | etc...

ベルベットのボルドーと、サテンのブルゴーニュ

厚みがあり、重々しい深みあるベルベット
深く安堵と落ち着き、安らぎを与える魅力。
ソフトな触感と、深い光沢。

まるで、月。
中世の重厚なドレスを着た淑女。

煌いて、光を反射する華やかなサテン
浮き浮きして踊りだしたくなる軽やかさ。

まるで、太陽。
燕尾のフォーマルタキシードを着込んだ紳士。



「 ボルドーは 女性   ブルゴーニュは 男性 」

「 ボルドーは      ブルゴーニュは 香り 」

という表現もあります。
[PR]

  by BRILLAT | 2006-11-10 21:03 | etc...

≪ボージョレ・ヌーボーがもうすぐ解禁です♪≫

もうすぐボージョレ・ヌーボー解禁!


そもそもこの有名なワインはブルゴーニュの南側、
ローヌ県に位置するブドウ栽培地区でガメイから造るワインです。

ガメイのブドウを9月ごろに収穫し、
房のままタンクに詰め込みます。

それでヌーボー(新しい)の名のごとく
果実味たっぷりの赤ワインを毎年すぐに飲む。。。祭り!


ガメイが美味しいのか分からないですけど、
もっと濃厚なワインが好みなんですけど、、
なぜか値段もそこそこするのがチョットおかしい気もするけど、、、

 祭りだワッショイ!
        のむっきゃない!!


どっかのボージョレ・ヌーボーの名言を紹介します。



『  冬に向かう季節に 夏の記憶を想い出させる


                 最初の秋のたより     』




そして輸入量。なんと、われらが日本が第一位!

日本人はホント 「祭り」 好きですよね。
色んな国や文化から 「祭り」 を輸入してますw



  【    世界同日解禁日!11月16日!!!   】



1本間違いないヤツは予約したんだけど、
やっぱ祭りだからなー

どっかのボージョレパーティに行きたいよなぁ。。。
[PR]

  by BRILLAT | 2006-11-04 23:10 | etc...

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE