2007年 01月 25日 ( 2 )

 

MA, Sillage de la Reine

a0087921_14233196.jpg


「女王の目覚め(MA, Sillage de la Reine)」と名付けられた
この香水は、ヨーロッパのみならずアメリカ、
アジアなど世界中の香水コレクターや
マリー・アントワネットファンの注目の的。

バカラ・クリスタル製のフラスコ商品は
8000ユーロ(約125万円)という
値段にも関わらず既に3件の予約が入った。

350ユーロ(約5万5千円)で販売される小瓶にも、
インターネットを通じて200件の予約が入っている。



僕の敬愛するロココの女王、
マリー・アントワネット(マリア・アントニア)の
香水が限定発売されました。

香りはロマンチックなフローラル系とのことですが
ブルボン御用達のバカラのガラスを使って、
100万円を超えるフレグランスというのは桁違いに凄いですね。。。。

安いほうであれば僕も欲しいですが、それでも5万円w


僕の大好きな監督であるソフィア・コッポラの
エッジィで現代的解釈の加わった、アントワネットの映画にあわせれば、

視覚、聴覚に加え、嗅覚、触覚も

革命前のフランス宮廷に連れて行ってくれそうです。


posted by BRILLAT
[PR]

  by BRILLAT | 2007-01-25 14:29 | Art de Vivre

自由が丘 PARIS SEVEILE

ミゼラブル
a0087921_0284611.jpg


スポンジでバタークリームをはさみ、
上にはマカロンとオレンジでデコレーションされています。

このマカロンも、ほんのりオレンジ風味で、
バタークリームにもオレンジの皮が
練りこまれていたような気がします。

(・・・うろ覚えですみません)

マカロンがサックリと軽い食感で、
スポンジもふんわりというよりはしっかりとしており、
バタークリームににオレンジの皮が練りこまれていることで、
食感のバランスが良かったです。


バタークリームなので、
甘さは控えめですが少しくどいですね。

パティスリーによってケーキの大きさはさまざまですが、
ここのケーキは大きい方だと思います。

そのためか、余計にバタークリームのくどさが目立ってしまいます。

濃厚な味を求めている人には向いてると思いますが、
バタークリームを使用したケーキを食べると
それだけで十分になってしまうので、
少しもったいない気がします。

ケーキは、「また食べたい!」と思わせるくらいでないと。

ケーキを食べて、「結構お腹にくるね・・・」なんてようでは、
ケーキの “美” の部分が損なわれてしまっています。

PARIS SEVEILEはショコラの美味しいお店ともいわれています。
参考までに、友人の食べていたケーキの写真を載せておきます。

テアトル 
中がチョコレートムースになっています。

a0087921_17321.jpg


ムッシュ・アルノー 

とてもサックリとした生地にアーモンドの入った
チョコレートクリームだったような・・・。

a0087921_183061.jpg



ショップデータ:

PARIS SEVEILE / 金子美明
http://www.unimat-caravan.com/cr/paris/index.html

所在地 東京都目黒区自由が丘2-14-5 館山ビル1F

● 最寄り駅 東横線・自由が丘駅徒歩5分
● TEL. 03-5731-3230
● 営業時間: 10:00~20:00
● 定休日: 無休


posted by CAREME
[PR]

  by BRILLAT | 2007-01-25 00:51 | Gateaux

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE