2007年 01月 09日 ( 1 )

 

Domaine Thierry Mortet Bougogne Rouge 2002 ★★★★★★

a0087921_18192296.jpg

お気に入り度:★★★★★★
コメント:野山を駆け回った少年時代

【基礎情報】
銘柄:ブルゴーニュ・ルージュ 2002
国:フランス
地域:ブルゴーニュ
生産者:ドメーヌ・ティエリー・モルテ
品種:ピノ・ノワール
購入店:ワインマルシェまるやま
価格:セット購入、インポーター希望小売価格4,000円
備考:
ジュヴレ・シャンベルタンの名ドメーヌ
先ごろ、急死したドニ・モルテの弟。
ジュヴレのパワフルさも備えるトラディショナルな
ピノ・ノワールの風味を引き出した果実味主体の
バランスのよいベーシックなワイン。

【外観】
色:充分に熟成して枯れた色味を帯び始めたブルゴーニュルージュ
透明度:高い
粘度:低ー中 

【香り】
強さ:3
コメント:
果物、赤い。
植物的なアロマ。 ワイルドストロベリー。

野山をかけまわった思い出のフラッシュバック。
野イチゴを摘んで、おばあちゃんちに持って帰って
おばあちゃんが、ゆっくりとした手つきで
煮詰めて作ってくれたイチゴジャム。

ゆっくりとセピアになって
だんだんに消えてゆく、楽しかった思い出の数々。
ゆっくりと消えてゆく余韻に重ね合わせて。

【味】
濃度:4
複雑さ:3
甘味:5
酸味:2
タンニン:3
アルコール:3
余韻:4
コメント:
甘美な果実味。キメの細かいタンニン。
バランスの取れたボディ。

ピノのフルーティな魅力を
はじける若さで、でもバランスを失わずに発散している。

決して熟成された大人の魅力、官能性はないが
遊ぶ子供の微笑ましさ、弾ける鮮やかな輝きがある。

【マリアージュ】
料理:焼きリンゴを付け合せたフォアグラソテーとかよさそう
    (でもフォアグラは、ソーテルヌがやっぱいいんだよなぁ。。。)
音楽:明るいポップソングなんかあいそうです

MEMO:
CP高いと思います。
フェブレイの後に飲んだにも拘らず、少しも引けをとらない味わい。

でも、今がまさに飲み頃で、
翌日には弾けるような果実味が飛んで魅力が半減してしまったので
直ぐに飲むべきだと思います。

今回は趣向を変えて、自分の部屋で撮影してみました。
[PR]

  by BRILLAT | 2007-01-09 18:18 | Bourgogne

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE