SWEETSについて

今日は番外編です。

先日、ブリヤから情報をもらって情熱大陸を見ました。
フランスで開かれたクープドモンドというスイーツの世界大会での
日本人パティシエを追ったドキュメントでした。

参加された3人のパティシエは
それぞれホテルでシェフパティシエをされており、
国内の予選を勝ち抜いての参加だそうです。


クープドモンド 


日本が16年ぶり(・・・定かではないですが)くらいに優勝です。

アウェイで開かれた、しかもフランスで開かれたスイーツの大会で
日本が優勝するなんて嬉しいですね!

この大会では過去に、辻口さんが個人的に優勝されているそうです。

紹介までに、この間のとは別の
辻口さんのケーキです ↓ ↓ ↓

a0087921_23564236.jpg


a0087921_2357451.jpg


スイーツの魅力は、味もさることながら
視覚から得られる部分が大きいと思います。

もちろん、家庭的な素朴さで、
でも家庭では出せない味を作り出しているお店もありますが、
スイーツはあの見た目があってこそだと思います。


いうなれば、食べるアート。


これを食べてしまっていいのだろうか、
食べるのがもったいない、

と思わせることができるかどうか。


スイーツは、作品を作り上げるための材料が
たまたま食材であったために食べることができるアートです。


私はスイーツには、
魅せるスイーツ ・ 見せるスイーツ ・ 食べるスイーツ
があると考えています。

魅せるスイーツ
大会などで作り上げる、飴細工やチョコレートを用いた
アート作品としてのケーキ。

見せるスイーツ
見た目に美味しい、食べても美味しいケーキ。
食べたい!と強く思わせるケーキですね。

食べるスイーツは、
素朴さの中にもパティシエのこだわりを感じることの出来るケーキです。


日本は和洋折衷でなんでもありの中で、
世界大会などで日本独自の食材を使うことが出来るのは得ですね。

世界の食材を利用しながらも、日本を生かす。

スイーツに国境はない!


いつか、お菓子の家に住みたいです。


posted by CAREME
[PR]

  by BRILLAT | 2007-02-13 23:32 | Gateaux

Louis Page Cham... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE