Domaine Louis Carillon Pere et Fils Chassagne-Montrachet 2001 ★★★★

a0087921_2355477.jpg


お気に入り度:★★★★
コメント:渇望の果てで

【基礎情報】
銘柄:シャサーニュ モンラッシェ 2001
国:フランス
地域:ブルゴーニュ、
生産者:ドメーヌ・ルイ・カリヨン・ペール・エ・フィス
品種:ピノ・ノワール
購入店:ヒグチワイン
価格:セット購入
備考:
軽めだが、赤もなかなか良い作りのものがある。
バランス良く、やさしい味わい。
(ヒグチワイン)

【外観】
色:枯れて艶を少し失したガーネット
透明度:著しく高い
粘度:低

【香】
強さ:3
コメント:
青いマスカットや青リンゴの爽快感溢れる芳香。
その一方で、艶かしさ、獣臭も奥底に渦巻いている。

【味】
凝縮度:2
複雑度:3
甘味:2
酸味:4
タンニン強度:5+
アルコール感:4
余韻持続度:5
コメント:
森ではない。
閑散とした、叢を歩く、草木の青々と茂る場所で。
木の実の要素。リスが、木の実を齧るかのように微かな要素。

【マリアージュ】
料理:白身魚、クリームソース。きつい個性が強いものはダメ。

MEMO:
僕みたいな初心者のシロウトには
全然奥の深い味わいというのは
理解できていないのかもしれないですね。

値段と相反するような評価をいつもしながら、
自分の味覚、嗅覚、視覚は果たして “正しい” のかと
苦悩します。

きっと、ちゃんとしたソムリエさん方が見たらこのブログとか
笑ってしまうのだろうなぁ と思いながら、
それでも書き続けるつもりです。

ワインに無知な僕のような人間が
ワインについて発信できるのがインターネットの
醍醐味であると思っています。

ところで、
「ガストロノミー」のブログは、
今後二人で記事を書いてゆくことになりました。
同じく、“美食” のなかでもエレガンスの追求を
果てしなくしてゆくことで名高いスウィーツの世界についてです。

その記事も今後このブログでアップされていく予定です。
[PR]

  by BRILLAT | 2007-01-23 00:53 | Bourgogne

<< 「ガストロミーとワインのエレガ... 旨味とエキス分を味わうピノの饗宴 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE