Chateau Gigognan Cotes du Rhone Villages Bois des Moines 2003 ★★★★★★

a0087921_1745988.jpg


お気に入り度:★★★★★★
コメント:原生林の暗闇

【基礎情報】
銘柄:コート・デュ・ローヌ ヴィラージュ ボワ・デ・モワンヌ 2003
国:フランス
地域:コート・デュ・ローヌ
生産者:シャトー・ジゴニャン
品種:不明
購入店:ヴェリタス
価格:1780円
備考:
14世紀からすでにアヴィニヨンでその名を轟かせた、
歴史あるワイナリー、シャトー・ジゴニャン。
3つのアペラシオンに合わせて72haの畑を持ち、
無農薬栽培、収穫は手摘み。最新式の発酵タンクを備え、
温度管理には細心の注意が払われています。
ワインにバニラや樽の香りをつけるのではなく、
タンニンに丸みを持たせる目的で、木製の樽で熟成させ、
その後、セメントタンクで最低でも2年間熟成させます。
(ヴェリタスより)

【外観】
色:濃厚なガーネット、グラデーションや
   透明度からか、なんとなくのっぺりした印象
透明度:中~低
粘度:中

【香】
強さ:4
コメント:
当初、官能性を秘めた魅力的な動物の芳香と
ヴァニラが絡みついてきたのですが、
時間の経過と共にスパイシー香に変化し、
さらに枯れた香りにゆっくりと移り変わりました。
二日目は、スパイスや獣臭。
アフリカ大陸の奥地。不思議なオーラのある
原生林。
黒い果物や絡まる蔦。不思議な植物や、花。
木の香り。枯れたもの。 生い茂ってエネルギッシュなもの。。。

遠くで聞こえる野生動物の咆哮。
近くで聞こえる様々な鳥の鳴き声。

どこまでいってもその奥地には、
もっと もっと 深い森があるように
思わせられます。

【味】
凝縮度:5
複雑度:3
甘味:4+
酸味:3
タンニン強度:5
アルコール感:5
余韻持続度:5
コメント:
複雑で、時と共にその印象が変化してゆきます。

アルコールのアタック感やタンニンの強さが特徴です。
余韻に、苦味や渋み色々な要素が襲ってくるようで、
まるで、様々な植物や動物が奥地に眠る原生林。
強烈な甘みとタンニンのせいか
かなりの重みがあり、一度足を踏み入れると
飲むのに、かなりのエネルギーを要します。
このような、強烈なワインを飲むと
上品にエレガントに纏まった“人”の味のするピノが恋しくなります。

【マリアージュ】
料理:アサリとポーク、にんにくのソテーしたものにあわせましたが抜群。
    鴨と葱のソテーも絶妙でしたが、濃厚なソースがあうでしょう。
   
MEMO:
赤じゃなくて、そろそろ甘口や白も飲んでみようかな
と思っています。

このワインもそうとう美味しいワインなのに
そこまで感動を感じなくなっているので。

おそらく、一度リセットが必要かもしれません。
[PR]

  by BRILLAT | 2007-01-20 17:57 | Cotes du Rhone

<< 『 NYスタイル ワイン・ブッ... あさりとポークの心温まる出逢い >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE