気が付くと、もう06も終わり

友人にちょっとした吉事があり、その記念に
食事をすることになったので、かねて念願の、
AU VIEUX PARIS(オーヴィユパリ)に行ってきました。

a0087921_20385824.jpg


家庭的で肩肘を張らずにフレンチを楽しめる良いレストランでした。
特に、料理が僕の大好きなブルゴーニュ風であることと、
店員のフランス人(?)のおじさんのダンディズムに溢れた
雰囲気がとても良い。

あたたかで、飾りつけや装飾でなく、実質で勝負する姿
(フレンチよりイタリアンの意気込みに近いですね)に、
いつものフレンチと違う“新鮮味”を感じました。

店内はビストロの雰囲気そのもので、
微妙なオシャレ加減、気の抜け方が興味深い。

ひとつ残念なのはワインで、ブルゴーニュ風なら
エレガンスなブルゴーニュのワインがほしかったなぁ。。。

このレストランは是非また行きたいです。
手頃な値段でフレンチを楽しみたい方にとてもオススメです。

(なんと一人あたり2500円でした!)



そして次に、こちらもまた念願の
Vin Vino Brule(ヴァン・ヴィーノ・ブリュレ)にてワインを
愉しみました。

三種類のワインのコースと、チーズ(二種)を注文。
3種類は、泡、白、赤という順番で、チーズとのマリアージュも良い。

ボトルを一本追加して、終電までゆっくりと語らいました。


店内はなかなか雰囲気のある感じで、
オシャレなコルクやボトルの装飾が洒落ていましたが、
店員さんのワインの説明などが、かなり
そっけないものであったことが残念でした。
また、値段も結構高めに感じました。

レビューに関しては、こちらが的を得ているように思います。


これからも僕のホームタウンである渋谷を中心に
色々と東京のワインバーやフレンチを探訪してみたいものです。



画像はお借りしています。
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtlphoto/13005555/
[PR]

  by BRILLAT | 2006-12-30 20:46 | etc...

<< Henri Perrot-Mi... Michel Gros Bo... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE