ワインバー “ シノワ 渋谷店 ” 

 
  Merry Chiristmas!

クリスマスイブはいかがお過ごしでしたか?
僕はシノワ渋谷店でディナーを楽しみました。

名前から察せられるとおり、東洋的な内装。
バーと高級フレンチレストランがうまく調和しています。

Chinois Shibuya
a0087921_2354419.jpg


アペリティフにはシャンパーニュ。
チョイスしたのは、ドンペリニョンの99年。
軽々しくない深みのある泡です。

そして、クリスマス特別メニューの
シノワ・クリスマス・スペシャル・コースと、
マリアージュワインを頂きました。


メニューを紹介しますね。


   オマール海老とホタテ 冬野菜のテリーヌ
      枯木柚子のソース


ワインは、ソーヴィニョン・ブラン。
さわやかで清潔感溢れる酸味と、旨味。
柚子との相性は抜群。勉強になります。
初めて美味しい白を飲んだ気がします。


   フレッシュフォアグラと青森産リンゴのソテー
      蜂蜜風味のシェリーヴィネガーソース


ワインは、ソーテルヌ。その甘みとフォアグラのマリアージュ。
とろりととろけるフォアグラを甘い蜂蜜風の貴腐ワインが包み込む。
これは決して忘れられない最高の味わい。余韻も良い。

僕の2006年、最高のマリアージュでしょう。


   房州産アンコウのムニエル
      下仁田ネギと紅心大根のブレゼ添え ブールブランソース


ワインは、最初はソムリエンヌは白を考えていたようですが、
赤でも大丈夫とのことなので、赤を。

頂いたのは、ピノ・ノワール。
シャンボール・ミュジニーの2001年。
繊細で華麗。優雅。 土の香り。ピノ好きを裏切らない。
造り手は残念なことに失念してしまいました。


   前沢牛のローストビーフ グレイビーソース

ワインは、ボルドー。シャトー・グロリア1996。
サンジュリアンのワインです。
これは本当に美味しく記憶に残る、ワインでした。
格付けシャトーでないため価格は安く、かつ美味しいと
紹介を受けましたが、キノコのような香りを持ち、
ボディも無理に重々しくなくピノ・ノワール好きの方に
受けの良いワインなのではないでしょうか。
僕は、買って帰りたいほどでした。


   木苺のパルフェ ホワイトチョコレートのエスプーマソース

ワインは、トカイ。
これも華やかで溢れるような誇るような甘味が幸福な味わい。

デザートに甘いもの(砂糖)は苦手でしたが、木苺と白くネットリとした
ホワイトチョコレートは締めくくりに相応しい気品がありました。


最高の料理、ワイン、そしてサービス。
このお店は掛け値なしにオススメでしょう。

隠れ家のようなのも良い。
今度はバーカウンターに座ってみたいものです。

a0087921_0224292.jpg


(それにしてもこういうお店で料理の写真というのは
 気がひけるもので、撮れませんね)
[PR]

  by BRILLAT | 2006-12-25 00:00 | Maison

<< La Spinona Barb... 神の雫 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE