Frederic Magnien Chambolle Musigny V.V. 2002 ★★★★★★

a0087921_17215632.jpg

お気に入り度:★★★★★★

【基礎情報】
銘柄:シャンボール・ミュジニー ヴィエイユ・ヴィーニュ 2002
国:フランス
地域:ブルゴーニュ
生産者:フレデリック・マニヤン
品種:ピノ・ノワール
購入店:成城石井
価格:3990円
備考:
僕の原点ともいえるフレデリック・マニャン。
前に飲んだのはシャンベルタンの村名

【外観】
色:よく枯れて熟成感あり
透明度:低め
粘度:中

【香り】
強さ:5
コメント:
官能性。これ以上の褒め言葉があるでしょうか。
複雑に絡み合う動物的な絡み合い。
新品の皮の財布を箱から出したときの匂い。
ツンとしたクリーンでスパイシーな要素。
艶かしい肌を感じさせる香り。

【味】
濃度:5
複雑さ:5
甘味:3
酸味:3
タンニン:2
アルコール感:4
余韻:5
コメント:
複雑に多彩な要素が絡み合い、繊細に華麗に完成させます。
そのさまは、絵画にするならば “グスタフ・クリムト” 。

優美で、たおやかな女性的な味わい。
熟成が充分でないと出てこない魅力。

MEMO:
不甲斐ないことに、風邪をひいてしまいました。
世間を騒がせているノロウィルスではなさそうですが、
症状は頭と咳と洟に来ていますが、かなり重めです。

06は前半は元気溌剌で、後半は多病でした。
“CANON”のメロディーが
心地よく癒してくれますね。
こういうときにロックとかだけは聴きたくない。

さて、そんな中、久しぶりに期待のワインです。

村名ワイン2本飲んで両方とも大あたりだったフレデリック・マニャンのシャンボル・ミュジニー。

繊細で優美といわれる
シャンボール・ミュジニー。

×

フレデリックマニャン。

期待していましたが、
やはり傑作でした。

経験不足で判りませんが、
きっとテロワールの魅力をきちんと伝えているのでしょう。


香りは官能性をもちながら、決して淫らに陥ることなく、
清潔感と、凛とした気丈さ、芯の強さを感じさせます。

高貴な生い立ちと、備えている品位は隠しようがありません。

この前のシャンベルタンが豊満な娼婦とするのなら
このワインは、清楚な若い婦人でしょう。


もちろん味も裏切りません。
その様子はヒトコトにはまとめがたく、多くの色彩が
一枚の白いキャンパスの上で協奏曲を奏でているようです。

豊かにして、細く、か弱く、美しい。 


こういうブルゴーニュがあるから、
僕はピノが好きでいられるのです。


再確認しました。
[PR]

  by BRILLAT | 2006-12-19 17:51 | Bourgogne

<< Eve.Eve. ワインバー “繭” >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE