Gevrey-Chambertin Vieilles-Vignes 2002 - Frederic Magnien ★★★★★

ジュヴレ・シャンベルタン2002 ヴィエイユ・ヴィーニュ
フレデリック・マニャン
a0087921_19233093.jpg

お気に入り度:★★★★★

【基礎情報】
国:フランス
地域:ブルゴーニュ
生産者:フレデリック・マニャン
品種:ピノ・ノワール
購入店:成城石井
価格:3990円

【外観】
色:艶かしい濃厚なガーネット。
透明度:ふちまで色素あり。
粘度:足が長いねっとりとした感じ。

【香り】
強さ:5 かなり芳香
コメント:なまめかしいセクシーさ。キノコの様な官能性。

【味】
濃度:5
酸味:2
甘味:3
タンニン:3
アルコール感:4
余韻:包まれて、放たれるよう。
感触:鮮やかで滑るように滑らか。

【マリアージュ】
料理:ブッフ・ブルギニヨン(自家製)
評価: たぶんこれを本当のマリアージュというのでしょう。


MEMO: 
ジュブレですよ。
ナポレオンで名高いワイン、、、、
まぁ 村名ですけどね


グラスから嗅ぐ瞬間に
香りがいやらしい。
葡萄からどうしたら
こんな味が出てくるのか不思議です。
官能性というのでしょうか。
動物的です。

なかなか出会えなかった素晴らしい香り。
花の香りというよりも、キノコのような艶かしい感じ?
表現が難しい。。。。

この村のワインしか飲まなかったという
ナポレオン・ボナパルトは
どう表現したのでしょうね。

ほんとはこの季節ならではに
ヴァシュラン・モンドールか、
ラミ・ド・シャンベルタンも
欲しかった。予算があれば!!!!

でも
ピノっていいですねぇ。 凄いですね、この芳香。


ボルドーに比べて、さらりと上滑りする感じでありながらエレガント!
まさに無駄な重みのない。洗練されたエレガントさです。

繊細な上品さ。高貴さ、繊細さ、真っ直ぐさというのでしょうか。

重厚長大でなく、さりげない美しさ。

理解をこばむ難易度に追求したくなる美。でしょうか。


でもゴヤミンプールの“大当たりの”ボトルほどの高貴さはないですね。
あの上品さには香りも余韻も劣ります。

新世界ワインの単純でこれでもかっていうごり押しワイン。
濃厚でインパクト勝負で美味しいんだけど、それっきりなワイン。
(シラー、グルナッシュとか)
にあきると、こういうのにハマるのでしょうね。

だって奥が深そうだもん。


フレデリック・マニャンのシャンボール・ミュジニーも
飲みたいな。前はヴォーヌ・ロマネを飲んだから。



あわせたのはブッフ・ブルギニヨン。
馬鹿の一つ覚えです。

でもいんだ。前より美味くなったし。上達したし

前よりも、小麦粉を減らしてあっさりさせて、
肉も煮込み過ぎないようにしました。
でもマリネはもっと時間かけて、肉のしたごしらえに手をかけました。
肉の煮込みはとろけるような食感より、
僕はしっかりした肉の食感を大切にしたいです。(いかにも学生っぽいかw


次はコック・オー・ヴァンか、ポトフだな。うし 修行します
[PR]

  by BRILLAT | 2006-11-23 19:24 | Bourgogne

<< ワイングラスのあれこれ MONTEPULCIANO D... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE