SWEETSについて

今日は番外編です。

先日、ブリヤから情報をもらって情熱大陸を見ました。
フランスで開かれたクープドモンドというスイーツの世界大会での
日本人パティシエを追ったドキュメントでした。

参加された3人のパティシエは
それぞれホテルでシェフパティシエをされており、
国内の予選を勝ち抜いての参加だそうです。


クープドモンド 


日本が16年ぶり(・・・定かではないですが)くらいに優勝です。

アウェイで開かれた、しかもフランスで開かれたスイーツの大会で
日本が優勝するなんて嬉しいですね!

この大会では過去に、辻口さんが個人的に優勝されているそうです。

紹介までに、この間のとは別の
辻口さんのケーキです ↓ ↓ ↓

a0087921_23564236.jpg


a0087921_2357451.jpg


スイーツの魅力は、味もさることながら
視覚から得られる部分が大きいと思います。

もちろん、家庭的な素朴さで、
でも家庭では出せない味を作り出しているお店もありますが、
スイーツはあの見た目があってこそだと思います。


いうなれば、食べるアート。


これを食べてしまっていいのだろうか、
食べるのがもったいない、

と思わせることができるかどうか。


スイーツは、作品を作り上げるための材料が
たまたま食材であったために食べることができるアートです。


私はスイーツには、
魅せるスイーツ ・ 見せるスイーツ ・ 食べるスイーツ
があると考えています。

魅せるスイーツ
大会などで作り上げる、飴細工やチョコレートを用いた
アート作品としてのケーキ。

見せるスイーツ
見た目に美味しい、食べても美味しいケーキ。
食べたい!と強く思わせるケーキですね。

食べるスイーツは、
素朴さの中にもパティシエのこだわりを感じることの出来るケーキです。


日本は和洋折衷でなんでもありの中で、
世界大会などで日本独自の食材を使うことが出来るのは得ですね。

世界の食材を利用しながらも、日本を生かす。

スイーツに国境はない!


いつか、お菓子の家に住みたいです。


posted by CAREME
[PR]

  # by BRILLAT | 2007-02-13 23:32 | Gateaux

Louis Page Chambolle Musigny 1998 ★★★★★+

a0087921_12155362.jpg

お気に入り度:★★★★★+
コメント:たおやめぶり


【基礎情報】 
銘柄:シャンボール・ミュジニー 1998
国:フランス
地域:ブルゴーニュ、コート・ド・ニュイ
生産者:ルイ・パージュ(ラブレ・ロワ)
品種:ピノ・ノワール
購入店:アウトレットワインTOKYO
価格:2625円
備考:
ルイ・パージュ社は1776年にムルソーに設立された、
コタン・フェレール グループが持つ6つのネゴシアンの内のひとつです。
ルロワやヴォギュエ、ジョセフ・ドルーアンといった超名門も
こぞってリリースする、ニュイきっての人気ワインが
このシャンボール・ミュジニィです。
北部と南部、2つのエリアで微妙に異なった個性を発揮しますが、
総じて他の産地のワインとは次元が違うと思えるほどに美しい、
華やかな果実味が味わえます。
(アウトレットワインTOKYOより)

【外観】
色:色の薄い少し枯れた褐色味
グラデーション:低
艶:良
透明度:高
粘度:中


【香】
強さ:3
好感度:4
コメント:
もう充分に熟れていることを告げる深い香り。
それでいて優しく荘厳。 繊細。

ただし、そっけない。

【味】
アルコール感:3
凝縮度:3
感触:優しい、豊か、たおやめぶり
甘味:3+
酸味:4
タンニン強度:2
複雑度:4
余韻持続度:3
フィネス:5
コメント:
ミュジニーらしさが出ているのではないかと思います。
求めても、求めても、逃げていく。
そんな魅力を追いかけたくなるのです。
全体として薄く、少しミネラル感があり細身、
女性的です。

マリアージュ:
音楽:ヴァイオリンの独奏、繊細な音のつかいかた
料理:難しいところです。内向的な性質に適うもの。

MEMO:
ワインは瓶差があるのが面白いです。
工業製品ではないので、どれとして完全に同じものはない。
まるで、農産物の有機栽培の野菜のように不揃いの魅力。

それが詰まっているのがブルゴーニュかもしれないですね。


追伸:
もう一週間近く酒は飲んでいません。
今後も減らしていく予定です。

ところで
近所に熊鍋なるものを発見。
果たして熊ってどんな味がするのでしょう・・・・・。  気になります。



posted by BRILLAT
[PR]

  # by BRILLAT | 2007-02-13 12:16 | Bourgogne

赤坂見附 しろたえ

スリーズフロマージュブラン

a0087921_1201958.jpg

見た目に、春を先取りしたようなさくらんぼスイーツです。

上の部分は、さくらんぼのゼリーになっていて、
真ん中がムースです。ムースにはさくらんぼがはさまれています。


スポンジはキメが荒く、軽い口当たりになっています。

さくらんぼのケーキって珍しくないですか?

珍しさに、即決でした。

最近では、好きな類のケーキではなく、
珍しさや季節感のあるケーキを選ぶようにしています。
定番のものはいつでも食べられますからね。

そこにしかない、今しかないものを求めるようにします。
そうすることで、スイーツを感じる幅を広げるのです。


しろたえの代表作はこちら ↓ ↓ ↓
a0087921_1391084.jpg

左:レアチーズケーキ  右:シュークリーム

小ぶりであっさりいただけるので、
手土産として一度に沢山買い求めるサラリーマン姿をよく目にします。


ショップデータ:

しろたえ / 川越 盛一郎

http://www.ocn.ne.jp/gourmet/sweets/20050512.html

所在地 東京都港区赤坂4-1-4

● 最寄り駅 赤坂見附徒歩2分 永田町徒歩4分 赤坂徒歩8分
● TEL 03-3586-9039
● 営業時間 10:30~20:30(2階喫茶は20:00LO)
● 定休日 日曜日

posted by CAREME
[PR]

  # by BRILLAT | 2007-02-11 01:54 | Gateaux

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE